Nachico's logbook

쓰고 싶을 때에, 쓰고 싶은 말으로, 쓰고 싶은 것을, 쓰고 싶은 만큼.

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
心屋仁之助さん(ぢんさん)の「魔法の言葉」「言ってみるカウンセリング」を知ってる人向けに書きます。

「魔法の言葉」の説明を書こうかと思ったけどー、めんどくさいのでググれカ(ry

はい、だいぶゲスくなってきましたね、私も(*´▽`)



昨日の夜、ぢんさんの『仕事が「ツライ」と思ったら読む本』という本を読んでました。




大好きだったはずの仕事がなんでかつらくなってしまい、ただいま絶賛休職中の私にぴったりな本ですね。

本の後半、「仕事ができない」「ツラい」ことに悩む女性との架空のセッションの様子が書いてあります。

その女性に、ぢんさんがいつもどおり

「これ、口に出してちょっと言ってみて」

とやるわけです。

私も、ひとり、部屋で黙読しながら、気になる言葉だけ、実際に口に出して言ってみてました。

例えば・・・

「うまく意見を伝えられなくてもいい」とか

「成果をあげなくてもいい」とか

「リーダーシップをうまくとれなくてもいい」とか。


で、その流れで、なんとなく気になって言ってみた一言が、

「やることが多すぎて、手がつけられなくてもいい」 

これ、目に入った瞬間、かなりしっくりくる言葉だった。

休職に入る直前の自分の状態ってまさにこれで、

とにかく、やらなきゃいけないことがありすぎると感じて頭が混乱して何も手がつけられないって感じだった。


で、しっくりくるので、とりあえず3回くらい繰り返して言ってみてたら・・・

なんかどんどん自分の声が涙声になってきて・・・

3回目を言い終わらないうちに、号泣・嗚咽に・・・・・・



びっくりしたわ。


ぢんさんのブログのコメント欄で、

「『〜〜してもいい』って言ってみたら、号泣しました・゚・(ノД`;)・゚・」とか

「自分でもびっくりするくらい涙が・・・。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン」とか

よく書いてあるのみかけるけど、

自分にはそこまでのこと、起こらないと思ってた。

オープンカウンセリングやぢんさんの講演会で、「当たった」言葉はいろいろあったけど、

それでも、普通にウルッとしたりとか、ズビっと泣くレベル。

だけど、昨夜のは、

もう、頭じゃなく、体が反応して反応してとめどなく悲しさと納得感が出てくる

こんなの初めてだった。

両方のほっぺたらへんがずっとゾワゾワして、何が起こってるのがよくわからんかった。



泣きながら何度も何度も繰り返し言っていると、

職場で、パソコンの前に座って、頭が真っ白になって、何もできなくて本当に苦しかったこと

部屋の中の、片付けようと思ってるのに全然捗らない、ひとまとめの山にしてある書類や資料のこと

売り払いに行きたいのに行けてない本や洋服のこと

子どもの頃、汚部屋を、「片付けなさい」って言われて、私だって片付けたくて、綺麗にしたくて、でも何からやればいいのか、どうやればいいのか、全然わからなくて、あまりにもやることが多すぎて、結局何もできずにその汚い中で過ごしていた頃のこと

構想やコンセプトばかり考えて、なかなか本文が書けない小説のこと

整理されてなくて、ぐっちゃぐちゃな、Webメールの受信トレイのこと

いつかちゃんと整理したいと思いながらパソコンとケータイの中に溜まっていく、写真のこと

いろんな「やることが多すぎて、手がつけられない」 が思い浮かんで・・・


考えてみれば、物心がついたときからずっと、ずーーーーーーーーっと、

「やらなきゃ、でも、やらなきゃいけないことが多すぎて、
 何からやればいいのかわからない・・・
 できるところから始めてみても、多すぎて、とてもじゃないけど終わるとは思えない・・・」

っていう苦しみを、何らかの形で持っていたことに気付いた・・・


子どもみたいに、

「わぁぁぁぁぁあぁぁあ・・・
 やることがおおすぎるよぉぉぉぉおおおぉ・・・
 何も手がつけられないよぉぉぉぉおおおおおおぉぉ・・・
 やることがおおすぎるんだよぉぉぉぉ・・・
 何からやったらいいか全然わかんないんよぉぉぉぉおおおおおおおおおお・・・」


って叫びながら、泣きました。






はい、まさに大当たりw

時計を見てなかったので、正確な時間はわからないけど、小一時間は泣き続けてたと思います。

嗚咽が少し落ち着くと、

途中で「チョーーーーーーーーーーーーーウケるんですけど」を挟み込みながら、ね。


はぁーーーーーー。

こんなことって、あるんだなぁーーーーーーー。



理性が泣くのをやめさせようとするのも感じたから、そういうのが出るたび、いちいち自分に許可を出したよ。

泣きすぎて頭が痛くなってもいい

泣きすぎてうっかり脱水症状になってもいい

泣きすぎて鼻がつまってもいい

自律神経 失調しててもいい ←これも、大当たりだった(また別のエピソードが書けるいわくつき)

立ちくらみしてもいい

吐いてもいい

えずいてもいい

気持ち悪くてもいい

口呼吸してもいい

呼吸が荒くてもいい

三半規管がおかしくなっててもいい

足が冷えててもいい

体が冷えて歯が痛くなってもいい

眠れなくてもいい
眠いのに眠れなくてもいい

隣の部屋の人に泣き声が聞こえてもいい

なんだコイツって思われてもいい

ドン引きされてもいい

耳鳴りがしてもいい

明日Beトレ行かれなくてもいい



トイレに行った時、

貼ってあるたくさんの写真、大好きな人たちの写真を見ながら、

「会いたい人が多すぎて、
 誰から会いに行ったらいいかわからないくてもいい」

「会いたい人が多すぎて、誰にも会いに行けなくてもいい」


も、言ってみて、超泣けた(T_T) 





まとめは、なし。 

これで何かが変わっても、変わらなくても、いいと思う。

体験できてよかった。 


さて、Beトレデビュー、行くぞー! 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ブログをしばらく書いていなかったことで、
「ブログを書く筋力」みたいのが落ちてるなーと感じる。

あ、書こ!と思ってから、書くまでの瞬発力とか、書き始めてから、「よし、これでアップしよう」という状態にもっていくまでの持久力とか、けっこう体力に例えられるなーって思う。


ただ、これは、「しまった!衰えてる!書き続けておけばよかった!」っていう話じゃなくて、書かなくなったことで、逆に何かを手に入れたりとかもしてたと思うので、いい悪いの問題じゃないんだけどね。

例えば、今までは、「30分で書こうと思って書き始めたら3時間かかってしまい、睡眠時間が減った」みたいなこともあったけど、書いてなければそれはないし、

「書きたい!けど、なんか実際に書く行動に移す気になれない! 」っていうのはかなり気持ち悪い状態なんだけど、そういう自分を責めずに、書きたいのに書こうとしない自分も認めることで、「書きたい」内圧が高まって、その高まったエネルギーが小説を書く方向に向いたのかなとかも思うし。

またちょっとずつ書いて、ブログ筋鍛えていきます(というか、書きたい時に書いてたら勝手に鍛えられるしょー)。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
やりたいと思ってるのに、ずっとやってないことを。やろう。


・・・ということで、このブログの一番人気記事、 の続編を書こうと思います!!


一体いつから書きたいと思ってたのかも思い出せないくらいずっと書きたかった!
のに、なぜか書かずに先送りしまくっていた!!
ごめん、書きたがってた私!! 

書くなら「ちゃんと」書かなきゃ・・・って気持ちも手伝って先延ばしにしてた気もするので、もう「ちゃんと」とか考えずに、とりあえず思いついたことだけ書いとくわ。
書き忘れたこととか、書き足したいことあったら、Part3でもPart4でも書けばいいんだし!


こないだも少し書きましたが、
このブログで一番読まれている記事が、これ。
「生理の血を全部トイレで出す。」http://nachico.blog.jp/archives/51546364.html

アクセス解析のキーワードは上位が全部・・・
「経血 出し切る」
「生理 一気に出す」
「生理 出し切る」
「トイレ 経血 出す いきむ」
「生理の血 トイレ」
 こんな感じで占められておりまして
昔書いた記事が、今もちょっとは誰かの役に立ってるようで、けっこう嬉しい。

てか、月経血コントロールに興味持って検索してる人が毎日こんなにいるのも嬉しい。

実際、今読んでもらっても、情報としては古びてないので、
興味あるけど、まだ読んでないっていう人は、ぜひリンクから跳んで読んでみてね。

今日は、完全に補足的なことだけ書きます。



さて、元記事書いてから約7年経ってますが、
その7年間、ずっと変わらず月経血コントロールはできてます。

3.11で余震と放射能におびえて一人暮らししてた時もできてましたし、
地球一周の船に乗ってた時もできてました。

ちなみにずっと布ナプなのも変わってません。
そろそろ布ナプ歴も10年近くなるってことかー(おー感慨深い)。

7年前と比べて、レベルアップしたのは、

・1回分を出し切るのに、10〜20分と書いてましたが、
 これはずいぶん出すのが上手くなって、5分くらいで出せるようになりました。

・しかも、真っ赤な経血から出始めて、だんだん透明になっていって、
 最後はほぼ透明の粘液みたいになって、1回分が「プツっ」と綺麗に出切る。
 すっきりー! 

・一番多い日でも、少しくらい漏らしても、三つ折のハンドタオル型の布ナプで一日もつ。
 一番多い日でも、朝、布ナプの替えを持ち忘れて出かけても全然あせらない、というのがかなり気分いいです!

・「あ、出る・・・!」と思ってから(つまり、血が降りてきた感触を膣付近で感じてから)膣口をきゅっと締めて、それからトイレに急いでも、割と間に合う!笑
 間に合うと(つまり布ナプに血がつかなかったら)、「よっしゃ!!」って思います。笑

・完璧に布ナプに月経血つかないってとこまでは・・・いってないねぇ。
 当初は目指してたけど、今は別にそこまでこだわんなくてもいいかなって感じです。
 夜も割とついちゃいます。でも不思議と後ろ漏れはしない。

・生理痛はほとんどないけど、お腹が重いかな〜とか、腰がだるいかな〜は、ある。
 月経血コントロールがどうとかじゃなくて、冷えてたり、精神的に落ち込んでたりすると、ちょっと痛いかもーという時はありますが、薬を飲むほど痛いってことはもうなくなった。

・あと、2013年の秋くらいから割りと「冷えとり」を生活に取り入れるようにし始めたんだけど(主に絹&綿靴下4枚履きと半身浴)、きちんと「冷えとり」してる時の方が、スルスル出せるような感じがします。


こんな感じかな。
書いてみると、2009年の元記事の時点でもうかなりのレベルに達してたのでは!?と思えますねぇ。

思ってたより補足することもなかった・・・。笑


この記事がまた誰かの役に立つといいな!
 

このページのトップヘ