Nachico's logbook

쓰고 싶을 때에, 쓰고 싶은 말으로, 쓰고 싶은 것을, 쓰고 싶은 만큼.

2005年05月

 今日も行って来ました、練習!今日は、初めて最初から最後まで、3つのパート全てを一緒に合わせることができて、すっっっごーーーい嬉しかった(>▽<)!!これならなんとかなりそうだ。かなりカッコイイよぉ☆本番は友達がビデオに撮るらしいから、なんとかダビングしてもらうなり、CDに焼いてもらいなりするつもり!日本にいるみんなにも是非是非見せたいからね。明日からも、動きを更に体に覚えこませて、そしてよりキレイに踊れるように、毎日練習に励みます!


 今日書きたいのは、そのトンアリ(サークル)の帰り、バスの中での話。今まであんまりたくさん話したことのなかった、なみえちゃんって人と話してたんだ。そしたら…なんと!!なななななななんと!!彼女も小田原市民なんだって!!!!!「えぇぇぇぇ!!!???マジ!?(゜□゜) すげぇぇぇぇぇ!! <(゚O゚)>こんなことってあるんだぁぁぁ!!!8(≧▽≦)8」なみえちゃんはあたしが小田原にいた時によく行ってた美容院の近くに住んでる(住んでた?)んだって!!ひょぉ〜!!小中高と藤沢の私立に通ってたってことで、そんなにたくさん共通の知り合いはいなかったんだけど、でも話してみたら、やっぱりそれなりに出てくる出てくる!あたしの高校の時の友達とか、友達の友達とかの名前が!!ちなみに、あたしの高校の時の友達2人は、なみえちゃんの遠い親戚だそうだ。
 隣の国とは言え、こんな異国の地にひとりでやってきて、いくら神奈川県の人口が多いってったって、まさかこんなドンピシャで出会うとは思わなんで、どえりゃぁ〜びっくりして、むっちゃ嬉しかったよぉ(>▽<)☆いや〜、世間って、ホント狭いですね。

毎日があっというまに過ぎてく。
でも、その「毎日」の中にも、特別なことはあって、忘れ難い瞬間ってものがあって、
沈んだり上がったりしながら、一生懸命、楽しく生きてます☆


 先週も書いたけど、今週の水曜日に中間テストがあった。中間テストって言っても、私が今勉強しているのは「韓国語」という1科目だけなわけで、日本のいた時に受けていた試験と比べたらものすごく楽だった。日程も1日だけで、時間もいつもの授業時間とほぼ同じくらいの時間だったし(半日)。でも、下手に完璧主義な私は、できたら全科目(「読解」「リスニング」「作文」「会話」がある)満点に近い点数を取りたい!ってのがあって(だってねぇ、せっかく韓国語を学びに来たわけだし。試験前てのは、否が応でも勉強せざるを得ない良い機会なわけだし)、その上心配症なもんで「100点とるためには、120点とれるだけの勉強をしておかなきゃ!」とか思ってしまい(ま、その性格のおかげで早稲田に入れたんだと思うけど(笑))、疲れてるなりにがんばって勉強した…と思う。そして、既に結果が返って来たんだけど、全体的にとっても良い点数でした!アッサー!(やったー!)満点もひとつあったし、その他も全部90点台!さすがあたし!…なんちゃって。問題が思ったよりも簡単だった。結構みんな良い点数だったみたいだよ。
 ここ一週間くらいは、けっこう中間テストのことで気を取られてて落ち着かなかったんで、とりあえず終わってほっとしたよー。

 でも、終わってほっとしたのもつかの間、今度はサークルが本格的に忙しくなってきた。来週の金曜日に発表があるくせに、実はまだ全部の動作を教わってないと来た!ってゆーか、今までも基本のステップばっか教わってて(まぁ基本は大事だとは思うが…)、発表でやる踊りは、実は昨日教わり始めたばっかなんだよー!すんごい難しい動きってわけじゃないから、練習すれば一週間でもそれなりのものはできるってのはわかるんだけど、ちょっとあり得んと思わない!?しかも、そのせいで、今まで一週間に1回だった練習が、来週はどうやらほぼ毎日になりそうな雰囲気…。それだったら、今まで週に2回やっとけばよかったじゃあん!!って思ったんだけど。どう思います?でも、このサークルを始める時に、発表前は何よりもこれを優先しようって思って始めたし、実際日程的にも体力的にも、無理はなくやれてるから、別に文句を言ってるってわけじゃないんだけどね。すごく楽しいし。でも、これも韓国人的な適当さによるものなのか、それともただ単に先生の性格なのか…その辺が気になるなぁ(笑)って感じかな。
 私はソゴという団扇(うちわ)くらいの大きさの太鼓を持って踊ります。基本ステップがかなりゆ〜〜〜っくりな柔らかい動きだったから、韓国舞踊っておしとやかでキレイだなぁ〜発表でやるやつも早く教わりたいな〜なんて思って期待してたんだ。ところがどっこい、私の踊るパートはかなりハードな動きで、今日も汗流しながら練習したよ…(^^;)移動はほとんどツーステップだから、ふくらはぎがかなり筋肉痛だし…。そして、動きが速いだけに、失敗したらごまかしがきかない…。もう練習あるのみっス…。
 金曜日の発表だけど、最近になってやっと詳しいことがわかってきて、どうやら100周年はあんまり関係ないらしい…(?)。高麗大で大きな白日場(ペギルジャン・屋外でやる詩文作りコンテスト)があって(毎年だか毎学期だかやってるらしいんだけど、それが100周年記念ってことで、他の学校の語学堂からも学生が来るんだって!それで何百人も人が集まるってことらしい)、その中の余興(?)のひとつとしてやるらしい。どうやら。…って、全然「詳しいこと」わかってないね(笑)。ま、終わったら報告しますー。


 来週、その発表が終わった日の夜に、日本から友達が遊びにくるんだ!そんで、その次の日にもうひとり来て、合流!3人で、水原(スウォン)に行く予定!もち夜はお酒のみつつ語るぞ〜!楽しみ〜☆その詳しい予定もとっとと立てねば…。
 ということで、次はいつ更新できるか全くわかりませんが、皆さん、お元気で〜。
 

なんのことはない。保存する時に、Aドライブを選びそびれていただけで、しっかりCドライブのMy Documentsファイルに保存されてました…。いやはやお騒がせしてすみません…って気付くのが早かったから、まだ誰もお騒ぎしてなかろうと思うけど(笑)。それでは、改めて、どうぞ〜。



大同祭(テドンチェ)ウィーク

 今週は大きなイベントが2つもあってとってもとっても疲れました…。疲れすぎて昨日は8時に寝たので、今日はそれなりに回復したけどね。4時間だけとは言え、毎日欠かさず授業を受けるっていうことも、考えてみればなかなかエネルギーのいることだよなぁと改めて思ったりもする今日この頃。
 その2つのイベントについて、詳しく書きたいと思ってたんだけど…時間がない!!全然ない!!なぜかと言うと、来週の水曜日が中間試験で、勉強をしなきゃいけないからなんですね…(^^;)でも、2つともなかなか経験できないことだったし、大変なこともあったけど結果的にはとても楽しかったから、短くても書いてはおきたいなと思う。ので、簡単にちゃちゃっと書いてしまおう☆

 まず1つ目。10日(火)に高麗大でコンサート(というかライブ?)があったの。実は今年は、高麗大学校開校100周年という記念すべき年。んで、いろいろ100周年記念に関するイベントが催されてて、そのうちのひとつ(てゆーか目玉?)がそのコンサートだったってわけです。どのくらいの規模かと言うと、かなり大きくて、SBSという、そらもう大手のテレビ局の主催で、出演歌手も、ランキング上位に毎回顔を出すような錚々たるメンバー(と言っても、あたしもよく知らないんだけど。周りの反応から見て)。わかる人のために書いてみると、まず司会がイ・フン(←彼は高麗大生らしい)とイ・ヒョリ。それから、god、BUZ、キム・ゴンモ、ウン・ジウォン、SG wanna be、チェヨン、ソン・シギョンなどなど。しかもこれが無料で入れるという…!!すげ!!…というわけで、行って来ました。でもおいしい話にはやっぱり裏があるもので(?)、入場する時に死にそうになりました…(-_-;)ちゃんと書こうとすると長くなっちゃうからやめるけど、この日ほど韓国人の適当さを思い知らされたことはなかったさー。明石の歩道橋事件と恩田陸の『Q&A』(←小説です)を同時に思い浮かべてしまうくらいに適当な入場のさせ方だったんだよ。もう何百人単位の人間が、ぎゅうぎゅうに圧縮パック…(-_-;)。コンサート中も、うちらは座れたんだけど(学生は「一応」優先的に入れた)、周りをあり得んくらいの人数に囲まれて、「まぁ大丈夫だろー」とは思いつつも、頭の端では生命の危険を感じてました。いや〜、なかなかできない体験だった(笑)。気になる人は私が日本に帰ってから、聞いてください。コンサート自体ももちろん楽しかったよ。私はgodとSG wanna beくらいしか知らないで行ったんだけど、十分に楽しめた。特にキム・ゴンモという人は、初めて見たのに「この人は本物のエンターテイナーだなぁ」と思わせるところがあって、すごく気に入った!日本で言うと、桑田佳祐あたりかなぁと思った。二枚目ではないけど、ものすごく歌が上手くて、ユーモアがあって。会場にいたほとんどの人が、一緒に歌えてしまうくらいの代表曲を持ってて。こんだけの人数いて、みんなが一緒に歌えるってすごいよなー、この人のライブってわけじゃないのにーって思ってたら、それもそのはず、後で韓国人の友達にそのコンサートの話をした時に、「キム・ゴンモが来たの!?彼は国民的歌手だよ!!」って言ってた。今日さっそくCDを買ってきてしまったよ☆

 もうひとつは、韓国語文化教育センター(以下、語学堂)の大同祭(テドンチェ)。大同祭ってのはどうやら高麗大の学祭の名前らしいんだけど、毎年やってる学祭なのか、それとも100周年の祝祭がこの名前なのか、結局よくわからないまま終わった(あ、韓国人の適当さが移って来てるかも…)。とにかく、大同祭の名目で、語学堂(オハクタン)の学生たちも、お祭りをしたのです。ささやかながら。
 何をやったかというと、留学生達は、任意で料理・給仕・国際ブース・ファッションショー・その他パフォーマンスの係に分かれて、一周間くらいで準備をして、国際館の横の中庭で、12時から19時くらいまで、飲んだり食べたり踊ったり見たり遊んだりして、楽しんだってこと。これが12日(木)。いろんな国の料理(エジプト、日本、タジキスタン、中国等々)が屋台みたいな感じで食べられるスペースの横に、韓国、中国、日本、その他の国々(マレーシアやらペルーやらメキシコやら)の4つのブースがあって、それぞれの国を紹介。そしてその横にステージがあって、ファッションショーと歌や楽器などのパフォーマンスをそれぞれ2回ずつやった(もちろんいろんな国の衣装、歌、楽器!!)。
 私はと言うと、国際ブースのひとつ、日本文化館という名のテントで、着物を着て、「浴衣着てみませんか」コーナーというのをやった。日本ブースは、その他に「緑茶サービス」と「おりがみ」コーナーと「日本の文字(ひらがなorカタカナ)であなたの名前を書きます」コーナーがあって、なかなか好評だったよ。ずっと立ちっぱなしだったってことにほとんど気付かなかったくらい、充実した時間だった。
 準備期間が一週間あるかないかだったし、どこでやるのかとか、どのくらいの規模でやるのかとかがよく見えてなかったから、正直あんまり期待してなくって、つまんなかったらやっつけでこなそうとまで思ってたりもしたんだけど、想像以上に楽しかったし、ものすごく良い経験になった。自分にとってはあたりまえのものが、他の国の人にとっては本当に珍しく見えるんだなぁってことを、肌で感じることができたから。もちろん私自身も、いろんな国の文化にちょっとずつ触れることができて、とても楽しかった。外国で着物を着たのも初めてで、日本で着るのとは違う意味でちやほやされたのもうれしかったな(笑)。


 思ったより長くなってしまったけど、書きたかったのよりは全然短い!!そして、これ以上短くするのは無理です。
 それでは、中間試験、がんばってきますー☆

8日ぶりの更新なわけですが。
今一時間半かけて書いてきたと思った文章がフロッピーの中に入ってません…。なぜ?保存したと思ったのに…。

あー。もうどっと疲れが…。

とっても疲れたけど楽しい一週間だったというような内容の文章だったんだけど、楽しかったけどやっぱり疲れた一週間という報告になってしまいました…。

まぁよくあることだで。次からは気をつけます。
楽しみにしててくれた人、ごめんなさーい(>д<)

ちなみに水曜日が中間試験なので、それまでは確実に更新できません。
それではー。

はぁー。

Т攅餮譴鮟得して、将来はどうするの?ってよく聞かれる。答えは、「全然考えてない」。6ヶ月でどのくらい韓国語の実力がつくのかわからないし、6ヶ月でいける最大限いったとしても、6ヶ月ってのはやっぱ高が知れてると思うし。日本に帰ってからももちろん勉強は続けていくけど、どのくらいのレベルで、どんな方法で続けていけるのかもまだわからないし。韓国語に携わる仕事に就くことも考えてはいるけど、それは6ヶ月間この国の人と付き合って、一緒に仕事をしたいかどうか肌で考えてみてからだよなーとも思ってる。また、韓国語と全然関係ない企業に就職することも、かなりの割合で考えてる。でも、韓国語に関わる仕事をしてもしなくても、個人レベルでは、いわゆる「日韓の架け橋」にはなっていきたいな〜とは思うよ。こないだも書いたみたいに、韓国語学習の面白さはたくさんの人に伝えていきたいし、たった6ヶ月かもしれないけど、この国で、自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の肌で感じて、自分の鼻で嗅いで、自分の舌で味わったことを、実感を持っていろんな人に伝えたいと思う。イメージとしての韓国じゃなく、リアルな韓国を、多くの日本人に知ってもらいたいって思うからね。私ができるのは小さなことかもしれないけど、そんな小さなことが幾つも、何年も積み重なって、日韓の関係がより良くなっていったら、それはやっぱりとても嬉しいことですよ☆


 今回の「シリーズ 私と韓国」は、なんか自分ずっと書きたかったらしくて、どんどんどんどん「書かねば書かねばー!やっと書ける時が来たー!」って感じで手が進んだ。勢いに任せて書いたので、ちょっとまとまりのないものになっちゃったんじゃないかなぁとも思う。どうでしょ?
 そもそもこのブログに載せてる全ての文章に言えることだけど、思いつくままに書いた後に、ちょっとしか推敲してないから(ちょっと推敲って、矛盾した表現だけど(笑)。面白いから敢えて使ってみた(爆))、構成が相当むちゃくちゃだな〜って思う時がある。文章が長くなればなるほど、やっぱり構成って大事だなぁと思った。まぁでも最低限雰囲気が伝わればいいかなと思うし、直すのは手間なので、そのまんま載せてます(とりあえず私の今の本分は勉強であってブログじゃないからね)。わかりづらいところがあればツッコミはいくらでも受けるんで、遠慮なく書いてって下さいな。



それでは、これにて「シリーズ 私と韓国」を終わります。
チョンマルカムサハムニダ〜(本当にありがとうございました〜)☆

このページのトップヘ