Nachico's logbook

쓰고 싶을 때에, 쓰고 싶은 말으로, 쓰고 싶은 것을, 쓰고 싶은 만큼.

2005年06月

 日本では、じめじめと梅雨が続いてることと思われますが、こちらはまだ梅雨入りもせず、春学期が終わった私は、夏休み気分真っ盛り(?)です!ということで、明日から3日間、プサンの友達(インギョン)の家に遊びに行ってきやす!!んでもって、25日の土曜日にプサンから韓国入りする父と一緒にソウルに戻ってきて、観光したり(?)、板門店(パンムンジョム・北朝鮮との国境近く)の見学に行ったりだとか。そしてその後は、お待ちかねの一時帰国!!(ホントに「一時」なんだけど…)帰ってきたら、友達に誕生日祝ってもらってぇ、日本からも友達がまた遊びに来ることにもなってるし…!!と、もりだくさんなわけです。
 
 そこでですね、プサンに行ったりだとか父が遊びに来たりだとか日本に帰ったりだとかして、その間もブログをつけようかつけまいか、それ以前に更新できる環境があるのか(まぁほぼ確実にあると思いますが…)と考え、ブログのことあまり気にせずに羽を伸ばすなんてことも考慮した結果、こんな夏休み企画を考え出しました!!題して…
 
 『梅雨をふっとばせ!韓国のなちこに、ひとり一問、質問大〜会〜♪』わーわーパフパフ〜♪(あ、別にひとり何問でもいいけど)
 
 どんな企画かというと、私が夏休みの間、コメント欄において質問を大募集するってこと、要は。簡単でしょ?もちろん強制ではないけれど、この投稿を見た人はできるだけ書いていってほしいな〜と思ってます(ちなみに、コメント欄には、この投稿の下のほうにある青い文字の「Comments(数字)」ってとこを押すと、行くことができます)。なんでかって言うと、もちろん企画自体が盛り上がってほしいこともそうだけど、常日頃私が「☆なちこりあ☆を、読んでくれてはいるけど書き込みをしたことがない人って、どのくらいいるんだろう?」っていう素朴な疑問を抱えて生きているからなんですねぇ(笑)。かなり気になってます、これは。
 もちろん、たまに読んでくれてるけど、この夏休みの間にはなちこりを読まない(期間内にこの投稿を見つけない)人もいるだろうし、こんな企画立てても、「でもやっぱり書き込むのはちょっとやめとくわ〜」って人もいるだろうから、全員が全員ってわけにはいかないだろうし、そんなことが目的ではないのは皆さんも簡単にご想像がつくと思いますけれども。
 でもとにかくひとりでも多くの人に、「読んでるよ!」っていう表現をしてもらえたら、そして、みんなからの質問を通して、より私の韓国生活について知ってもらえたら、本当に本当に嬉しいからさ〜、みんな、ゼヒゼヒ書いてってね。
 
 と、いうことで、軽くルールっぽいものも決めておこうかと思います。まず、期限。7月3日の24時にしましょう。つまり、7月4日の0時ってこと。それが私の夏休みの終わりを告げる12時の鐘でもあるので(TдT)それから、私に対するあいさつ的な文章は書く必要がありません。それを考えて書き込むのををためらっちゃう人もいると思うのでね。できるだけ質問だけを書くようにしましょう。もちろん、挨拶書きたい!って人は書いてくれてもうれしいよ☆それから、どんなに簡単で単純な、答えがわかりきってるような質問でもいいことにします。この企画のひとつの目的は、より多くの人に質問を書いてってもらうことなので。「一番好きな韓国料理は何ですか?」とか「彼氏と会えなくてさみしい?」とか。「学校まで歩いて何分?」とかでも全然OK!でも、やっぱり答えを考えるのが楽しみなので、センスのある質問お待ちしてます☆あたしを困らせようと、難しい質問(抽象的なこととかさ)出すのもアリだよ(笑)。ひとり何問質問してくれもいいけど、常識的な範囲の数にしてくださいね〜。そして、できるだけまとめて書き込んでくれると、より嬉しい。
 
 
 たぶん7月4日まで、ブログはお休みすると思うけど、もしかしてどうしても書きたいことがあったら、書いちゃうかも。それでもこの企画は続いてるからね。どしどし参加しちゃってください☆本当にみなさんのご協力が必要!!一緒に楽しも〜う(>▽<)☆
 
 

 今日は写真を貼っ付けるという新技に挑戦しようかと思います。そう!やっとこさ4月からケータイのカメラ機能でちょこちょこと(大してメモリーないので、本当にちょこちょこと)撮っていた写真を、写真屋さんでCDに焼いてもらったのだ!(遅っっ!とかいうツッコミは受け付けませんので、ご了承下さい(笑))それから、友達が大同祭(テドンチェ)の時の写真を、これまたCDに焼いてくれたので、それもお披露目☆

 あんまりたくさんは貼っ付けられないと思うけど、ちょっとでも私の韓国生活が伝わったらいいなぁと思います。それでは、どうぞ〜☆

 

コグマユまずはコグマユ(さつまいも牛乳)。日本にもありそうでない代物。韓国に来て一番最初に気に入った飲食物だったな〜コレ。最近韓国では、コグマ(さつまいも)を使ったお菓子類が流行ってるみたい。

 

 

 

 

 

ケナリちょっと見にくいけど、ケナリ(れんぎょう)です。時期はずれでごめんね。日本の4月と言えば桜ですが、韓国の4月と言えばケナリだと思う。私が韓国に来たばっかりの頃、どこに行っても咲いてたよ。韓国にも桜はあるんだけどね。

 

 

 

トマトケーキこれも見にくいな…。わかりにくくてせっかくのインパクトが欠けてしまっているのですが、実はコレ、ショートケーキの上にミニトマトがのってるんです!!!韓国では、ミニトマトはどっちかって言うと果物だって感覚があって、食後にデザートだって言って出されたこともあった。それにしても生クリームのケーキにまでのせなくてもねぇ…。かなり笑えるカルチャーショックだった。

 

 

先生たちと大同祭の時の写真。向かって左が担任のキム・ジヘ先生で、右が特別授業(3,4時間目)のヨン・ジェウン先生。二人ともすっごい優しいし、面白いし、教えるのも上手くて、本当に楽しい3ヶ月間だった☆

 

 

 

 

 

名前書きますこれも大同祭の写真で、私たち「日本文化館」が、「ひらがなorカタカナで、あなたの名前書きます!」という企画をやった時のもの。それがどーした!?って思うかもしれないけど、ひらがなとかカタカナってのは日本独特のものだから、すごく日本的な感じがするらしくて、韓国人始め、いろんな国の学生たちに大人気だったんだよ!!色画用紙に筆で書いて、ラミネート加工して、しおりに!!この写真は、出来上がって受け取りに来る人を待っているしおりたちです♪

 

イペイ ハゴ カッチマレーシア人の友達、イペイと。イペイも、自分の国の民族衣装(?)クーロッを着てます。イペイは、中国系マレーシア人ということもあって、中国語、マレー語、英語を自由に話すことができる。すごーい!!その上韓国語まで!?そして、日本語にも興味があるらしく、私が一緒に過ごした3ヶ月間だけでも、彼女はかなりの日本語のフレーズを覚えていました…。大学の休みが終わっちゃうってことで、もう帰っちゃったんだけどね。末恐ろしいぞイペイ!!(笑)

 

 

 

 

ちょうちん3つこれは、学校行事でサチョルタンバン(寺社探訪)に行った時に、「外国人ちょうちんづくりコンテスト」みたいのがあって、その時に作った蓮の花のちょうちん。ちなみに私のは一番左のやつ。この日はブッダの誕生日が近かったので、それにちなんだイベントを大々的にやっていた。サチョルタンバンとか言いつつ、なぜかお寺には行かなかった(笑)。

 

 

ウクライナ衣装?大同祭のファッションショーにて。これはウクライナかどっかの衣装だったような…。本当にいろんな国の衣装でたくさんの人が登場したんだけど、個人的にこれが気に入ってるので、載せてみた。かわいいっしょ!?

 

 

 

ギリシャ衣装これはギリシャの衣装。友達のりょうこちゃんが出演していたので、載せてみた。

 

 

 

韓国伝統結婚衣裳これは、韓国の伝統的婚礼衣装。韓服(ハンボッ(チマチョゴリやパジチョゴリのことを、韓国ではこう呼ぶことが多い))を目にしたことがある人は多いと思うけど、この婚礼衣装は見たことない人いるんじゃないかと思って、載せてみた。

 

 

 

練習風景ムヨントンアリ(舞踊サークル)の練習風景…というか、練習の合間の休み時間風景?あんまり練習してるところを写真で撮る機会がなくって(自分が練習しちゃってるんだからあたりまえだけど)、とりあえずこんなところでいつも練習していました、という感じで。

 

 

ムヨン その1白日場(ペギルジャン)で舞踊の発表をした時の写真。私がどこにいるかわかる〜?ちなみに青い服を着てるのは、舞踊トンアリ二十数人中唯一の男性、セイジ氏です!彼は黒一点でよくやったと思う!!

 

 

 

ちぐさがカメラ目線これ、舞踊の最後の決めのポーズ。私は真後ろにいるので見えません。ここで残念なお知らせなのですが、舞踊の画像データorビデオテープ、入手できそうにないや…。誰かが撮ってたのかもよくわかんないし、探せば撮ってた人いるのかもしれないけど、探すとしたら結構労力要りそうだし、さらにそれをダビングするとなると…なんかそこまでして手に入れるほどのものでもないって気がしてきたんよねぇ。もしかして本当に楽しみにしてた人いたらごめんなさい。私がめんどさがり屋なために…。

 

ムヨン その2(インサ)踊り終わってあいさつしてるところ。私は一番右端だよ〜。ステージは狭かったけど、たくさんの人が見てる前で、こうして一生懸命練習した成果を発表できるのって、本当に楽しかった☆

 

 

 

ムヨン その3(かおる氏ハゴイペイ)退場した後に、イペイ&かおる氏と。2人とも衣装すごく似合ってて、チンチャ ハングクサラン カッタ!(マジで韓国人みたい!)

 

 

 

ファミソンセン二ムランちょっとブレてますが…。発表が終わって、着替える前に舞踊のファミ先生と記念の一枚。バイトの友達(の一部)にしかわかんないこと一言だけ言わせて!「ねぇ!すっっっごい、みっちゃんに似てるでしょ!!??声までそっくりなんだってば!!」いや〜、ビビりましたよ、マジ。本当にそっくりです。バイト仲間だったみっちゃんに!(笑)先生とか言っちゃってるけど、あたしと年3つしか違わないんだけどね。こないだ行った公演のパンフレットには、「芸術家の父母の血を受け継いだ、将来有望の新人」なんて感じのことが書かれていたよ、この人☆すげ〜!

 

 

 

ペギルジャン白日場(ペギルジャン・屋外でやる詩文づくりコンテスト)で、賞をもらった…んだけど、舞踊の片付けで表彰式に出られず、閉会式が終わった後にささやかながら表彰してもらった時の写真。化粧落としきってないし、髪の毛もジェルつけてたからぴったり張り付いてちゃったりしてますけど、小さい写真だから見えないよね(笑)。この時は本当に信じらんない心地で、うれしかったなぁ。

 

 終了式の写真は、全然撮ってる暇がなかったので、とりあえず今回はこれでお終ーい。どうだった?実は今月末に日本に数日間だけ帰ることにしたんだけど(この話まだ書いてなかったよね?)、その時に日本で、とうとうデジカメを買ってきてしまおうかと思っているので、夏学期はもっといろんな写真をお見せできると思います(たぶん)。まぁでも、もともとあんまり写真を撮る方ではないので、期待しないで待っててちょ☆

 終了式後のスピーチ大会でやったスピーチの原稿を、日本語訳をつけて、載せたいと思う。
 私自身まだまだ勉強中で難しい表現はできないのと、1・2級の人たちの前で話すってことで、できるだけ簡単な単語を使ってたり、あと暗記をすることが前提なので、話を長くできなかったりして、日本語で読むとあんまり大した文章じゃないかもしれないんだけど、テーマが「韓国生活」(←これは決められてた)ってことで、内容的にもこのブログに合ってると思うし、何よりこれだけの文章を書けるように、そして話せるようになったよ〜ってことをひけらかしたいので(笑)、載っけます☆あ、もちろん、自分で書いた後に、先生のチェックは入ってるんだけどね。
 
 "제 한국 생활 "
 저는 3월말에 한국에 왔습니다. 온 그 날부터 여러 좋은 사람들을 만날 수가 있었고 대체적으로 재미있고 즐거운 생활을 지내 왔습니다. 그렇지만 역시 전혀 힘든 것이 없었을 리가 없고, 특히 세 가지의 문제로 좀 고생했습니다.
 
 첫번째는 일본에 있는 남자 친구하고 못 만나는 것이었습니다. 한국에 오기 전에는 6개월 동안 못 만나는 것은 대수롭지 않다고 생각하고 있었지만 실제로는 상상이상으로 괴로운 것이었습니다. 진짜 보고 싶어서 몇 번이나 울기도 하고, 머리 속에 그 사람의 것으로 가득 차 버렸기 때문에 수업에 집중할 수 없는 때도 있었습니다. 하지만 괴롭게 지내거나 즐겁게 지내거나 시간은 같습니다. 그렇다면 그날 그날의 생활을 즐겁게 지내야 겠다고 생각을 바꿨습니다. 그러자 꽤 마음이 편하게 되었습니다. 남자 친구하고 못 만나는것이 아주 괴로웠지만 아마 그것 때문에 좀 더 정신적으로 강해질 수 있었다고 생각합니다.
 
 두번째 무제는 하숙 방 안에서 큰 목소리로 노래를 못하는 것이었습니다. 저는 알본에 있을 때에 제 방 안에서 음악을 들으면서 노래하는 것을 굉장히 좋아하고 자주 했습니다. 그것을 하는 것으로 스트레스를 헤소할 수 있었습니다. 그래서 돈거인 때문에 큰 목소리로 노래를 못 하는 것이 처음에는 너무 스트레스였습니다. 그렇지만 지금은 비교적 익숙해졌고 같이 노래방에 가는 친구도 생겼으니까 괜찮습니다.
 
 미지막 고생은 같은 하숙 집의 사람들하고 이야기를 잘 못 하는 것입니다. 제 하숙 집은 외국인 학생이 저밖에 없습니다. 그래서 친구를 만드는 것이 진짜 어려웠습니다. 학생들은 따로 따로 생활하고 있으니까 이야기할 기회는 식사 때밖에 없습니다. 하지만 식사 할 때에 이야기 하려고 해더라도 제가 한국말을 잘 못 하기 때문에 대화를 계속할 수가 없었고 거북하게 돼 버리는 경우가 많았습니다.
 지금도 이 문제는 제 고민입니다. 그렇지만 3개월 전에 비하면 정말 천천히 조금씩이지만 역시 이야기할 수 있게 된 것도 사실입니다. 남은 3개월은 더 적극적으로 말을 걸고 더 이야기를 많이 하고 싶다고 생각합니다.
 
 이번 학기 3개월은 눈 깜짝할 사이에 지났습니다. 다음 3개월 동안도 꼭 순식간에 지날 거라고 생각합니다. 그러니까 하루 하루를 소중하게 지내야 겠다고 마음에 새기고 이씁니다.
 
「私の韓国生活」
 私は、3月末に韓国に来ました。来たその日からたくさんのいい人たちに出会うことが出来て、基本的には面白く楽しい生活を過ごして来ました。しかし、やはり大変なことが全くなかったわけがなく、特に3つのことで、ちょっと苦労しました。
 
 まず最初は、日本にいる彼氏と会えないことでした。韓国に来る前は、6ヶ月間会えないことは大したことじゃないと思っていましたが、実際には想像以上につらいことでした。本当に会いたくて、何回も泣いたし、頭の中が彼のことでいっぱいになってしまい、授業に集中できない時もありました。でも、つらく過ごしても、楽しくすごしても、時間は同じです。それだったら、その日その日の生活を楽しくすごさなきゃ!と考えを変えました。そしたら、結構気分が楽になりました。彼氏と会えないことはすごくつらかったけど、たぶんそれによってちょっと精神的に強くなれたと思います。
 
 2番目の問題は、下宿の部屋の中で大きい声で歌えないことでした。私は日本にいる時に、自分の部屋で音楽を聴きながら歌を歌うことがすごく好きで、よくやっていました。それをすることで、ストレス解消していました。なので、同居人がいるために大きな声で歌を歌えないことは、初めはとてもストレスの溜まることでした。でも、今は比較的慣れたし、一緒にカラオケに行く友達も出来たので、大丈夫です。
 
 最後の苦労は、同じ下宿の人たちとあまり話ができないことです。私の下宿は、外国人の学生は私しかいません。なので、友達を作ることが、本当に難しかったです。学生たちはそれぞれ別々に生活をしているので、話をする機会は食事の時しかありません。しかし、食事の時に話をしようとしても、私が韓国語を上手く離せないために会話を続けることができなくて、気まずくなってしまったことが多かったんです。
 今でも、この問題は私の悩みです。でも、3ヶ月前と比べたら、本当にゆっくり、ちょっとずつだけど、やっぱり話ができるようになっていることも事実です。残りの3ヶ月は、もっと積極的に声をかけて、もっとたくさん話をしたいと思います。
 
 今学期の3ヶ月は、あっという間に過ぎました。次の3ヶ月間も、きっとあっという間に過ぎるだろうと思います。だから、一日一日を大切に過ごさなければと感じています。
 
 
 
  감사합니다.
 ありがとうございました。
 

 昨日の、ファミ先生(舞踊トンアリの先生)の公演は、すんごいすんごい良かった!!国立劇場で行われる本当にちゃんとした公演で、なんと、特別出演で人間国宝のおじさんが出てきちゃうくらい、本格的だったんだよ〜!!舞踊の公演って言っても、セリフのないミュージカルといった感じで、ストーリーもあってわかりやすかったし、衣装もすっごく綺麗で、1時間半がホントにあっと言う間に過ぎてしまった☆もっともっと見ていたかったよ〜〜(>д<)ファミ先生は主役ではなかったんだけど、けっこう主要人物的な役どころで、パンフレットにもでかでかと写真が載ってて、みんなで「うわ〜こんなすごい人に教わってたんだうちら〜」って舞い上がっちゃった(^^)v
 
 去年、旅行でこっちに来た時も、ハングゲチプ(コリアハウス)というところで、韓国舞踊はちょっと見たことがあったんだけど、その時は全然興味がなかったし、「ふ〜ん」程度の感想しか持たなかったんだよね。でも、やっぱり自分で実際に踊ってみた後で見る「本物」は、全然違って見えた。自分が実際に体を使ってやってみた経験が、ステージの上の人々がどれだけ凄いのかってことをわからせてくれた。韓国舞踊独特のふわふわした動きも、見ていてとっても素敵だったし、オバケかと思うくらい濃い化粧(笑)と、北朝鮮についての報道をつい思い出してしまう固定された笑顔も、今回は、素直に「これが朝鮮半島のの伝統なんだ」って受け入れることができた。ファミ先生が舞台の上をふわふわくるくる動き回るのを見て、あんな風に踊れたら素敵だな〜〜って本気で思ったよ。
 
 韓国舞踊の公演、また絶対に見に行きたい!!
 

 昨日、終了式があって、無事に春学期を終えることができました☆もしかしたら、「終了式」じゃなくて「修了式」かも?この2つの単語はハングルで書くと同じ字になってしまうので(日本語で、音読みが同じ熟語は大抵そうだ)、どっちなのかよくわかんなかった(笑)。まあ、春学期が終了し、私は高麗大学校韓国語文化教育センターの2級課程を修了したことは間違いないけどね。

 この日は朝からやたらと忙しかった。なぜかと言うと、ひとつは終了式といっしょにやるスピーチ大会に出るため、練習をしなきゃいけなかったから。そんなの前の日にやっとけよって言われそうだけど、実は前日の夜にちょっといろいろありまして、精神的に「これは今日はもうできないな…明日朝起きてからやるしかない!」ってなっちゃって。そんなわけで、6時半頃起きて、朝練。シャワー浴びたりごはん食べたりってのもあったから、7時半くらいから始めたけど、7時半から9時まで、延々ひとりでしゃべり続けてた…(^^;)←あれです、例の、100%のために120%の準備しとかないと心配な性格…。
 そして忙しかったもうひとつの理由は、終了式で舞踊の発表をするから!舞踊トンアリ(サークル)の人以外は、9時半までに学校に来れば良かったんだけど、私たちは着替えとかしなきゃいけなかったから、9時集合。しかし私の朝練が終わったのは9時過ぎ。きゃ〜!!ま、間に合いましたが。急いで着替えて、それなりにお化粧もして、終了式の会場へ。今回の終了式は、人数が多いため、1・2級と3〜6級を分けてやることになってて、1・2級は9時半から、3〜6級は10時から(?)。うちらが舞踊の発表をやるのは3〜6級の終了式なので、自分の終了式が終わったら、3〜6級の終了式に移動することになってた。
 駆け足で会場について、腰を落ち着けたらすぐに終了式が始まった。最初に表彰があって、成績優秀賞(全科目A以上の人全員)と皆勤賞の代表者、そして最優秀成績の人が表彰された。その後に奨学生の発表があって(平均B学点以上で、学校生活に模範を見せた人は、奨学証書と奨学金がもらえる)、隣に座ってたジュネ(中国人)の名前が呼ばれたから、「おぉ〜!すげ〜ジュネ!やったね!」なんて言ってたら、その次に「トクダナツキ氏〜」って呼ばれて、なんと!私も奨学金を貰ってしまいました〜☆きゃ〜8(≧▽≦)8やったあ☆超うれしかった!!でも、びっくりした〜。実は、4月の最初のオリエンテーションで、奨学金の話を聞いた時に、密かに「よし、これは狙おう。どうせ一生懸命勉強するつもりなんだし、良い動機付けになりそうだぞ」って思って、実際やる気がない時とかも「奨学金♪奨学金♪」って自分を励ましてがんばってたんだけど(我ながら現金だなぁ(笑))、ある日先生がポロリと奨学金の話をした時に、貰えるのは「ひと学年で1人か2人だけ」って言ったんだ。それを聞いて、「うわ〜それはかなり難しそうだぁぁ」って思ったんだよ。だって、2級って一番人数多くて、70人くらいいるし、私はこんな、勉強とブログとどっちの方ががんばってんだよ〜みたいな生活してるんだから(もちろん勉強は全然がんばってないって意味じゃないけど)、私よりも勉強がんばってる人なんていくらでもいるんだろうなぁって思ったからさぁ。それに、毎日の生活に慣れ始めたことで、だんだん元々の朝の弱さ(お、起きれないんです…)が出てきて、遅刻もいっぱいしちゃったんだ。まぁ、ほとんどは「遅刻」扱いにならないらしい15分以内の遅刻だったんだけど、それ以上の遅刻も2回ほどしてしまっていたので、益々「これはもう奨学金は無理だね〜」って気持ちが大きくなってたの。そんなこんなでほぼ諦めてたから、尚更うれしかったんだよね〜。うちら舞踊トンアリからは、私とジュネとヘスクの3人が呼ばれて、舞踊をがんばったことも多分に評価されたんじゃないかなぁって思った。
 前に出て、奨学証書と奨学金交換券(?)を貰い、席に戻って、隣のジュネと
ジュネ「チュッカへ〜!(おめでと〜!)」
 私 「ノド チュッカへ ジャナ〜!(あんただっておめでとうじゃぁ〜ん!)」
ジュネ「イゴ、ピリョオプソ。イゴマン ピリョ!(これは(奨学証書)別にいらないよね。これ(奨学金)だけでいいよね)」
 私 「ウン、マジャヤ〜(うん、そうだよね〜)」
って言って笑ったのも、ものすごく嬉しかった。だってね、韓国語を勉強して、韓国人以外の外国人とも韓国語で話して笑い合えることって、最も韓国に来てよかった〜って思ったことのひとつだったからさ。
 
 今学期のいろんな行事のスライドを見たり、先生の言葉を聞いたりして、終了式が終わり、そのままスピーチ大会に。思ったより緊張した〜〜〜。スピーチする人は6人で、そんなに大した大会でもないんだけど(今学期勉強した成果の発表会みたいな感じ。参加も任意だし)、なにしろ数時間で暗記してきたもんだから、余裕持って話せるかどうかが微妙な線で…。でも1番目だったし、楽しくやってとっとと終わらせてしまおうと思い、ゆっくりはっきり、できるだけ1級の人にも内容をわかってもらえるように、ジェスチャーとかも入れながらしゃべった。
 そしたら、2等に当たる金賞を貰うことができました(^^)v(ちなみに1位は大賞)。金賞って言っても、全員が何かしらの賞(銅賞・銀賞)をもらえるんだけどね。大賞をとったのは、1級の男の人で、本当に上手かった!堂々としてたし、ユーモアたっぷりで、仕込みまでしてて(観客席の仲間に合いの手を入れてもらってた)、かなり私好みのスピーチだった。そりゃ大賞だろ〜って感じだったよ。彼は、さっき奨学証書もらいに舞台に上がった時にもいて、やっぱ「そういう人」なんだろうなぁと雰囲気と勘で思ったので、すかさず友達になっておいた(笑)。
 スピーチ大会も終わって、解散。それぞれ担任の先生の所へ行って、成績をもらった。私は、なんと!!!!!全科目「A+(95点以上)」でした!!すごーい!!しんどい時もいっぱいあったけど、がんばって本当に本当に良かったって思った。もちろん私は来学期もがんばるけど、今学期で本国に帰ってしまう人もいるので、ホール内は「終わった〜」っていう雰囲気が満ちていて、ちょっと感慨にふけってしまいました。
 その後3〜6級の終了式(卒業式含む)を見ながら待機して、3〜6級のスピーチ大会の審査を待つ間に舞踊の発表やりました…が、もう思い出したくもないんだよね〜実は(笑)。舞台がものすごく狭かったのと、なぜか音楽がいつもより早いペースだったことで、ボロボロのめちゃめちゃだったんだよぉ…(;д;)踊りながら、笑っちゃいけないとは思いつつも笑っちゃたもん。あれはひどかった、ホント。終わった後みんなして、あれだったらやらなかった方が良かったーって言い合ってしまったくらい。まあ、もう終わったからいいんだけどさ〜。
 その後、同じクラスのみんなでお昼ごはんを食べて、さよ〜なら〜。本当にとうとう終わってしまいました。夏休みだぁぁぁ☆
 
 今日は、これからトンアリのみんなと、舞踊の先生が出る公演を見に行ってきます!国立劇場でやるんだよ〜!!すんっっごい楽しみ〜(>▽<)☆では、行ってきます!!

このページのトップヘ