Nachico's logbook

쓰고 싶을 때에, 쓰고 싶은 말으로, 쓰고 싶은 것을, 쓰고 싶은 만큼.

2005年12月

 

こないだの記事から今日までにあったことや思ったことも、

鴨宮のコミュニティストアに貼ってあった「地球一周の船旅」っていうポスターを
見た日から今日まで、突っ走ったり立ち止まったりしてきたことも、

ピーセンに関わったこの3年9ヵ月で自分が何を学び、どう変わったのかってことも、

全部全部、ものすーごーい長ーい文章で、ぎゅうぎゅうに詰め込んで
書きたかったけど、

残念ながら時間が全然ありません (+д+;)
今さっきやっと荷物が詰め終わりました(^^;)

あと1時間で家を出発しなきゃいけないのに、やることがまだ残ってるし。

 

 

 

船に乗るっていう実感はまだないんだけど、
これだけは言っておかなきゃって思うのは…

私がこの船旅に参加することを、理解してくれて快く送り出してくれる両親を始めとして、
名前を挙げたらキリがないくらい本当に本当にたくさんの人に支えられて、ここまで来れたってこと。

みんな、どうもありがとう。


もっとたくさんの言葉を使って気持ちを伝えたいのに、この時間のなさが憎くてもどかしいよ。

でも、幸せってのは決してフワフワなんかじゃなくて、バタバタで、ごちゃごちゃで、いろんな気持ちが入り混じってて、ギリギリで、笑えて泣けるものだってことも、この夢をかなえる中で学んだことのひとつだから、まとまりなく、落ち着きもないこのまま、出航しちゃおうと思います。

出航前のここ1ヶ月くらいは、間違いなく今までの人生で一番濃い生活だった。
船の上では、それを越えるくらいの密度を保っていきたいな☆

53、54、それ以降のみんな、
いつでも自分から動いて、ボラスタ生活を楽しんでね。
みんなのおかげで、想像以上の日々が過ごせたよ。本当にありがとう。

 

船の上ではネットの料金がとても高いので、頻繁に更新するのは難しいけど、
旅中も寄港地もしくは船の上から、最低でも1回は絶対に更新します。
ので、たまにはチェックよろしくね☆

 

それでは…

 

行ってきます!!

 「ふだん着物講座」をやっぱりやることにしたので(まだ全然準備してないけど…!)、着物を取りに帰ってきましたー。いやーもうどうしようもないくらい忙しいけど、本当に素晴らしい仲間たちに囲まれて、泣いたり笑ったり、悩んだり考えたり、ちょっと怒ったり無理したり、いっぱいいっぱいになったり立ち止まってひたったりしながら、とても幸せに過ごしています。

 今年の3月、韓国へ出発する直前につくったこのブログも、読み続けてくれてる人たちに支えられて、今日の記事でなんと100件目を迎えることができました!!自分でもびっくりです。好きで書き続けて来たものだけど、ふと気づいたらこんなに積み重なって、残るものがあるなんて。そして、それは本当に本当に、読んでくれるあなた、コメントを書いてくれるあなたがいるからできたことなんです!感激です。
 本当にありがとう☆


 では、報告。1日ごとに書きます。

 11/28 ポス貼り PAミーティング 中ポスミーティング
 PAというのは、「パブリックアドレス」に略で、音響や証明を担当する係のことを言います。船の中ではいろんなことに挑戦したいと思ってるんだけど、そのひとつがこれ。いろんなイベントや企画の音響チームに加わって、音響機材とか使えるようになっちゃったらちょっとカッコいいんじゃない!?って感じでさ。ピースボートセンターに本格的に通い始めた時、すごい音楽を大事にしている場所だなぁって思った覚えがある。BGMもそうだし、ミーティングの時の出囃子(っていうのかな?前に人が出るときに登場曲をかけるの)とかも。
音楽ひとつで雰囲気って本当に変わる。そういうので企画を支える人になってみたい!

 11/29 寄港地勉強会の準備 寄港地勉強会 
 ポス貼りに行く予定だったのが、寄港地勉強会の準備が全然出来てなくって、結局1日かかってしまった。開始時間の1分前までレジュメつくってましたから…(汗)。でも、その甲斐あって、完璧とは言えなかったけどそれなりに納得のいくものができたし、聞きに来てくれたみんなも「知らなかった!」「勉強になった!」って言ってくれて、かなり充実感ありました☆準備を通してじぶんにとってもチリって国に行くのがとても楽しみになったりして。でも、寄港地勉強会の影の目的は実はそれなんだよね。がんばって準備して発表をした人が得るものが大きいって言うかさ。
 
 11/30 ポス貼り 坂本達さん講演会(早稲田学内) アンモとごはん
 こないだ、本当にたまたま学校に行った時に、22号館の前の立て看板で見つけた講演会。その講演会に参加するために、ポス貼りをいつもより早く切りあげた。その講演会ってのは、私が一年前くらいに、それもたまたま学校の図書館で地理関係の棚を見てたら見つけて読んだ大好きな本
(『やった。― 4年3ヶ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男―』)を書いた人ので、立て看板を見た時に、「え!?…おぉ〜!!」って感じで運命感じちゃって、絶対に行こうと決めてたんだ。だから、超ミーハー気分で行ったんだけど(笑)、坂本さんはすごく素敵な人で、ますますファンになっちゃいました☆
 その講演会会場で、ピースボートの過去乗船者の友達(早大生)と高校の友達(早大生)に、これまたばっったり遭遇!びっくりしたけど、2人ともそういう講演会にはいてもおかしくない人なので、なんか妙に納得みたいなものもあったりして。講演会後、その高校の友達アンモと、ゴハン食べてひさしぶりに語った☆すごくうれしかったなー。


 12/1 早稲田松竹へ ポス貼り ごっつミ(52回クルーズミーティング) ブッカー&新聞局飲み会

 早稲田松竹で上映している『永遠のハバナ』と『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見に行った。両方とも前から見たかったもの。しかも1日で映画の日なので、2本で800円!こりゃあ行くっきゃないっしょ!『永遠のハバナ』は、ストーリーがない映画なので、ちょっと退屈だったけど、キューバに行く前にはもう一回みたいなって思った。『モーターサイクル・ダイアリーズ』は、キューバ革命の指導者で有名なチェ・ゲバラが南米旅行をした時の日記がもとになっている映画で、私が今回のクルーズで行く場所もいくつか登場する映画。これ、本当に良かった。おすすめです。旅を通してゲバラが何かを掴んでいく感じがとても良い。
 船の中でやりたいと思ってることのひとつにブッカーってのもあって、船内新聞に載せるタイムテーブルを作るお仕事。船内新聞は、船内生活におけるほぼ唯一のメディアとなるものなので、とても責任があるけど、やりがいのある仕事。とりあえず船に乗る前からブッカーをやるつもりのメンバーと、ミーティングもかねてピーセンで飲んだ。ブッカーの仕事は本当に楽しみです。

時間なくなってきたので、頑張ってもっと短めにいきまーす。

 12/2 ポス貼り 井戸馬場会議(定例ミーティング) 寄港地勉強会
 寄港地勉強会は、ブラジル、セイシェル、フィジー、アルゼンチン。

 12/3  ポス貼り 52マル秘ミーティング 寄港地勉強会 うちで鍋パーティー
 寄港地勉強会は、ルームメイトの茜がベトナムとシンガポールを。

 その後は、うちで鍋やった。私、ルームメイトの茜、ガーリィ、ちぇっこりん、プク、うっちぃの6人で鍋囲んで、お酒飲んで、たくさん笑って、とっても楽しかった。特にうっちぃとは朝まで語り合って、すごくすごくうれしかったよ。

 12/4  寝た。 夕方からブッカーの講習 家で料理
 さすがに朝までしゃべってたので、寝た。もともと日曜日はポス貼りに行かない休日にしてるし。
 夕方ブッカーの講習(といっても、担当スタッフのあっちゃんと、お菓子食べながら個人的に教えてもらったとういだけなんだけど)に行って、その後は家で過ごした。最近、自炊がすっごく楽しくって、ポス貼りをしながら八百屋で安い野菜を探して、帰ってきてから料理をするっていうのが趣味になってる。夜の0時半とかに家に帰って来ても、そっから料理し始めたりするからね(笑)。自分でも馬鹿じゃないかと思ってますけど。早く寝ろよ!って話だよね。でも、夜中に台所に立ちながら、「私やっぱり母の娘だわ」とか思ってる自分もまたすごく楽しい(うちの母、昔からよく夜遅くまで料理とかお菓子作りとかする人だから)。料理するようになったってことだけをとっても、東京暮らしをした甲斐があったんじゃないかって思っちゃうくらい、本当に目覚めたよ、私(笑)。もちろん東京暮らしで得たものはもっとずっとすんごくいっぱいある☆

 12/5  ポス貼り 中ポスミーティング

 12/6  ポス貼り UPAミーティング 行ってらっパでやるダンスの練習
 UPAは、日本で支援物資を集めて船で直接現地に届けるプロジェクト。今回のクルーズでは、文房具、毛布、弦楽器なんかを、数ヶ国に届けます。
 行ってらっパは「行ってらっしゃいパーティー」の略。出航前恒例で、実は昨日だったんだけど、その中でやる出し物のダンスを練習。

 12/7 ポス貼り 路上スライドパキスタン募金
 うちで煮込みうどん
 ピースボートでは、パキスタン地震で被害を受けた村に防寒・防水用のブルーシートを送るというプロジェクトを行ってまして、その活動のひとつとして、路上で現地のスライドを流して呼びかけるという街頭募金企画をやった。新宿→原宿→渋谷→高田馬場の順にボランティアスタッフたちが電車で移動して場所を取り、機材を積んだトラックがそれを追いかけるという形で。すんごーく寒かったし、思ったよりも人々は足を止めてくれなくて悲しさや怒りみたいなものが込み上げて来たりもして、いろんなことを考えさせられたけど、とてもいい経験になったと思う。一緒にやった仲間たちとも深まった気がしたし。
 あまりにも寒かったので、どうしても煮込みうどんが食べたい気分になってしまい、うちでうどんを煮た☆ガーリィと私で思いついて、ともみん、もぎー、みづのの5人でフーフー言いながらうどんを食べて、すごくあったかかった。ガーリィが、「みんなで食べるっていいよね」って言って、その言葉もすごくあったかかった。

 12/8  家で料理 ごっつミ(52回クルーズミーティング) 行ってらっパダンス練習
 ポス貼りをさぼってしまった…。ひさしぶりにゆっくり日記を書いて、部屋の片付けと、食材の整理をして、それからいろいろと料理した。自分への後ろめたさもありつつも、やっぱり料理してる時はすごく楽しかった。15日には帰るから、それまでに今ある食材をそれなりに使い切りたいなと思って、料理本見ながらできそうなやつを全部書き出したりして。
 ごっつミの後は、うちでダンスの練習。なぜうちでやったかというと、このダンスっていうのが、行ってらっパで52メンバーが、パーティー準備をしてくれた53、54、それ以降のクルーズメンバーにお返しとしてやる出し物だったから。ピーセンだと53以降メンバーがいるので、ネタがばれてしまうということで、狭っいうちに6人も7人も来て練習(笑)。みんなが帰った後も夜遅くまで、まだフリができてないところとか、全体の流れとかを、コンディとゲンコウと話し合いながら作った。忙しくて、自分のことでいっぱいいっぱいで、最初はあんまり気乗りがしなかったこの出し物だったけど、やってるうちにだんだん楽しくなってきて、気づいたら最後には自分が割と中心になってて、でも本当に楽しくて、得るものも多かった。

 12/9 ポス貼り ディレクターズミーティング 井戸馬場会議(定例ミーティング) 魂飲み(たまのみ)
 ディレクターズミーティングは、ピーセンの一週間のスケジュールを決めるミーティング。自主企画もここでブッキングするので、「ふだん着物講座」を申請&呼びかけ!
 井戸馬場会議では、船内新聞のタイトルと出航曲(船が出港する時(各寄港地含む)に大音響でかかる曲。そのクルーズのテーマソングみたいなもの)の東京ピーセンの候補を決めた。来週の全国金曜会議で、全国8ヶ所のピーセンから集まってきた候補の中から、投票が行われて本決まりになる。私が出した曲が、うれしいことに東京の候補として通った!…ので、全国金曜会議で投票してくれる人が多ければ、自分の選んだ曲が出航曲になるんだ!そして、かなりいい曲なので、いけるんじゃないかと信じています。
 宮沢和史さんの『ひとつしかない地球』っていう曲。歌詞もメロディーも本当にピースボートの船旅にぴったりなんだ。是非是非聞いてみてね。もしこれを読んでる人で来週の全国金曜会議に出る人がいたら、前もって聞いてもらえるとうれしいな。私CDとかMD貸すし。もちろん投票するかしないかは自分で決めてもらって構わないけど、全金会では時間の関係でさわりしか流してもらえないので、できたらやっぱとりあえず全部は聞いてもらいたいなって思うんだよね☆
 井戸馬場会議後、月に一回の魂飲み(たまのみ)。魂共有飲み会の略で、みんなで外に飲みに行こうという企画(ピーセンはお金がない人が多いので、ピーセンで飲むことが多い)。すごかった。50人くらい集まった(もっとかも)。しかも会費は千円。和民でやってるのに。これは、誰かがお金出してくれてるとかじゃなく、幹事のタナオがお店の人と交渉に交渉を重ねてくれたおかげなのと、みんながお酒を飲むことを目的としてるんじゃなく、みんなで話すこと、仲良くなることを期待して来てるという前提の下に成り立っている飲み会だからなんだよね。すごく盛り上がって楽しかったです。
 魂飲み終わってからまたうちでダンスの練習があって、それがちょうど終わったくらいに茜が最終日だったバイトから帰ってきたので、2人でお疲れ様の乾杯して、また飲んだ(笑)。

 12/10 日暮里倉庫でUPAの作業 ダンス練習 行ってらっパ
 4時くらいまで茜と話してて、10時に鶯谷で待ち合わせだったのに、9時半に起きた(^^;)でも、あきらめないでがんばって急いだら、数分の遅刻で済んだ。よかった!日暮里にある倉庫(という名の民家)で、支援物資の仕分け作業をした。毛布を枚数別に箱に詰め替えたり、税関用のラベルを貼ったり。スムーズに進まないところもあって大変だったけど、楽しかったな。
 5時に馬場に戻って、友達のうちでダンスの最終練習。4人で住んでる家に、15人近く人が入ってて、しかも踊ってて、すごい光景だった(笑)。
 そして、行ってらっパ。もーはっきり言って、行ってらっパとその後の飲みに関してだけでも、ここまで書いた量書けるくらい、本当に楽しかったし、笑ったし、考えたし、有り難かったし、感動した。私は今までに3回の行ってらっパに参加してきたんだけど(そのうち1回は司会もやった!)、初めての、そしてやっとの自分が送り出される側の行ってらっパ。やっぱり感慨深かったよ。
 でも、一番の感動だったのは、ポス貼り仲間のめかこがその日のポス貼りで全額クリアを達成してきたこと。めかこは全クリをしないと乗れなくって、もう何回もクルーズを見送って来てた人。ずっとポスターを貼ってたけど、何度も何度ももうポス貼りなんかしたくないとか、ピーセンに行きたくないって思ったときもあったって言ってた。これは実際にポス貼りとかボラスタをしたことがある人じゃなきゃわかんないところかもしれないけど、私はそのめかこの気持ちがわかったし、たぶんそれは私が「わかった」以上のものだったってことも想像がつくから、本当にすごいと思ったし、「よく頑張った!」ってめちゃめちゃ思ったし、自分のことのようにうれしくて、涙出てきた。自分が全クリできなかったことなんてどうでもよくなっちゃったよ☆後でめかこと話した時に、めかこが「私は全クリしか手段がなかっただけであって、大事なのは船に乗ることだよ」って言ってくれて、自分でそう思ってたときはちょっと言い訳を含んでいた気がしたその「船に乗ることが大事」って言葉が、めかこの言葉を通して本当に100%そう思えるものになったのを感じた。
 めかこ、本当に本当におめでとう☆一緒に船に乗れるのがすごくうれしいよ!!楽しもうね!!

 行ってらっパ終わった後十数人で飲みに行って、朝方まで飲んで、すんごく幸せで、ずいぶん前に「こうなったらいいな」って思ってたこと、それ以上のものが目の前にあって、でも本当に求めていた夢はまだまだこれから始まるんであって、希望に満ち溢れてて、大好きな人たちが一緒にいてくれて、どうしようもなくうれしかった。


 行ってらっパの中で、キンキというシンガーソングライターの卵が自作の歌を歌ってくれて、その歌詞の中にあった言葉「ひとりじゃ何もできなかった」。本当にそうだと思う。たくさんの人に囲まれて、たくさんの人に支えられて、たくさんの人に愛されて、ここまで来れた。何回言っても足りないと思う。「ありがとう」。


 15日に小田原に帰って来ます。でも、それでもまだピーセンには行くし、たぶん逆に忙しくなると思う。荷造りもしなきゃいけないし。それでは、あと数日の東京暮らしを精一杯楽しんで来ます☆☆☆☆☆

 

このページのトップヘ