Nachico's logbook

쓰고 싶을 때에, 쓰고 싶은 말으로, 쓰고 싶은 것을, 쓰고 싶은 만큼.

2006年09月

こないだの土日を使って、静岡県の掛川市に行ってきた。

卒論のフィールドワークの下見といったところ。

掛川は、まちづくり発祥の地らしい。

「生涯学習」という言葉もこのまちで生まれたらしい。



私は、自転車とスローなまちづくりをテーマにしたくて

この掛川をフィールド候補として選んだんだけど、

お世話になったNPO「スローライフ掛川」の人たちからも

自発的に自分たちのまちを変えていこうという姿勢がすごく見えて、

ハキハキとして楽しそうで、それでいて型にはまってないというか

なんでもありというか、良い意味で「好い加減」なところも垣間見え、

さすがまちづくり発祥の地、生涯学習のまち、と思った。

とても刺激的な2日間が過ごせました。



会ってすぐに打ち解けられるコミュニケーション能力をもっているか

どうかというのを、私はよく、ピーセン(ピースボートセンター)の雰囲気と

比較して判断するのだけど(ちなみにピーセンでは、会った瞬間友達・タメ語、

という世界(笑)
)、スローライフ掛川の人たちにも、それに近い空気を感じた。



自分の自転車を持参して参加させてもらったサイクリングでは、

2日間で90kmくらい走りました。

卒論のとっかかかりもなんとかつかめたし、動き出そうと思います。


9月23、24日データ
総走行時間:7゜03′35″
総走行距離:91.31km
平均時速:12.9km
最高時速:46.0km


  白露に 風の吹きしく 秋の田は
     つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける 

                文屋朝康

 この歌の間違いがわかった人には、10点あげます(笑)。



さっき、最後の携帯電話料金を払いにコンビニに行ったんだけど、家を出るときに雨が降っていたので、自転車はやめて、散歩がてら行くことにした。ロングスカート(船でもよくはいてたパッチワークのやつ)に下駄はいて雨の中を歩いてたら、足は濡れるし、スカートの裾も濡れそうで気になったけど、昔のお侍さんとかもこんな感じだったのかなって思った。その頃は靴なんてなかっただろうし、下駄履ける人はまだいい方で、多くの人が雪駄だの草鞋だのを濡らしながら歩いてたに違いない。きっと、雨が降ったら濡れるのがあたりまえで、ちょっとやそっと濡れることなんて、全然気にしてなかったかもしれないなーとも思った。濡れたって、帰って拭けばいいだけの話だ。

田んぼが黄色と黄緑のグラデーションになっていて、すごくきれいで、田んぼにむかって「ありがとう」って言った。

稲穂に雨の露が残っていて、「つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける」の歌を思い出す。最近、一日十首ずつ、百人一首の歌を覚えているところなのだ。今日は風が吹いてなかったから、その雨露に玉(真珠のことだよ)を見るってだけのものおもいだったけれど、こうして散歩の途中で見た景色に、思い出せる歌を自分の中に持てているってことは、うれしいことだなぁとしみじみ思った。それから、考えたんだけど、草木の露を玉と見る歌はそれだけでもう十分素晴らしいけど、その露が、風で散らされる風景ってのは、すごく瞬間的で動いている風景であって、それを切り取ったこの歌をつくった文屋朝康って人は、良い感性と同時に良い観察眼も持ち合わせていたんだろうなぁなんてことも思った。

実るほど 頭を垂れる 稲穂かな
なんてのも思い出したり、ね。




ちなみに、正しい歌は

  白露に 風の吹きしく 秋の
     つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

です。






生まれて初めて寄席(よせ)に行きました。
一緒に地球一周した友達と。
新宿、末廣亭。
面白かった!
なんだ、落語って全然身近じゃん、って思った。
テレビで見る漫才と目の前で見る漫才は違うな〜と思った。
船の友達の中には、菊千代師匠の影響で落語に興味を持った人もいるんじゃないかな?(てゆーか、私がそうだし)
寄席行ってみたい人!今度一緒に行こー!


東京でのんに会った。
のんも一緒に地球一周した友達。
韓国語好き友達でもある。
青年海外協力隊員として、年末からボリビア(私の一番行ってみたい国!!)に派遣されることが決まっているのん。
お酒飲みながら、いろいろと話が聞けて面白かった。
そして、のんがボリビアにいる間に絶対遊びに行くって宣言した!
楽しかったよー、のん。ありがとう!


この本を読んだ。
『水は答えを知っている』江本 勝  サンマーク出版
おすすめです。
「ありがとう」と声をかけた水は、六角形のとても美しい結晶を結び、「ばかやろう」と声を掛けた水は、ばらばらに砕け散ったようになって結晶を結ぶことができない…。
こんな話、どこかで聞いたことないですか?
「科学的」にはなかなか立証できないことについて書いてあるから、結局は信じるか信じないかってことになっちゃうのかもしれないんだけど…、私は信じたいと思う(でも素人目で見るとけっこう科学的な方だと思うけど)。
世界を変えるのは、愛と感謝であること。
世界のあらゆるものは、振動し、かつ固有の波動を持っていること。
全ての人に、次の瞬間の世界を変える力があるってこと。
私たちには、まだまだ知らないことがい〜〜〜〜っぱいあるんだよな、ってわかった気がした。

「ありがとう」って、もっとたくさん言おうと思いました。

2001年、アメリカの同時多発テロで亡くなった方々のご冥福を、
心よりお祈り申し上げます、

なんて、

そんな言葉じゃなくて、不器用でもいいから、その人の言葉で、その人の持つ文化と信仰で、5年前のテロを思い、気持ちを表現して欲しい。「思い出すだけで悲しい」でも、「思い出して悲しめたらいいけど今やそうではなくなってしまったくらいに時間が経ったことが悲しい」でもいい。実態を伴わない言葉なんていくらでも連ねられる。祈るって言う行為は、祈る対象がはっきりして初めて意味を持つ。


グラウンド・ゼロという言葉がいまや代名詞となった、ワールドトレードセンターの跡地には、メモリアルの高層タワーが立つことになるらしい。言葉は悪いけど、ばかじゃないの、って思う。そんなことしたら、マンハッタンはただのマンハッタンに戻っていくと思う。あの摩天楼連なるマンハッタンで、突然現れる空間、それがあってこそ人々は、あの日を長く思い起こし続けることができるんじゃないの。きっと、めちゃめちゃ土地が高いんであろうあのマンハッタンで、きっと経済的に考えたら相当無駄使いになるであろう空間。でも、それは必要な「無」なんじゃないの。


詮無いことだけれど、時間が経ち、言葉の重みが薄れ、様々なことが、今ある現実を優先させて進んでいくことを、悲しいと思う。

思うけど、

いつまでも悲しみをひきづっていることが最善なわけじゃないってのも本当。忘れることができるのは、幸福なことでもある。大切なことは、常に覚えておくのは不可能でも、ことあるごとに思い出して、持ち続けていかなければいけないし、伝えていかなければいけないけど、心を覆う暗い闇は、ずっと持っていく必要はないのだ、きっと。ポジティブに考えることが、薄情のように感じられてしまう時もあるけれど、ハッピーに生きていくことが間違っていることなわけない。

持ち続ける、でも、明るく前を向いて生きていく。

平和をつくるのは、ポジティブでハッピーな思想と、元気で勇気ある行動だと思うから。



 

 

今日の走行距離:約25.5km
走り方:ニコニコペース走
サイクリングロードの往復時間:9:30くらい〜10:30くらい
今日見かけたサイクリスト:14人


久しぶりに酒匂川のサイクリングコースを走った。
田んぼが黄色くなってた。
夥しい数の蜻蛉が飛んでた。
子供が川で泳いでた。私も来年は川で泳ごうかな…。



さて、タイトルにある旧子さん(ふるこさん)ですが…
自転車のことです。

旧子びふぉあ

 

 

びふぉあ

 

私が自転車に興味を持ってから、今日まで一緒にサイクリングをしてくれた旧子さん…。なぜ旧子さんかと言うと、もちろん、明日新しい自転車がうちにやってくるから…!!(笑)

そう!注文しておいたロードレーサー、明日納車なんです!!!なので、もちろん明日からのサイクリングはその新しい自転車と。旧子さんとは涙のお別れです…(;Д;)
旧子さんてのは最近つけた名前だけど、思い起こせば、旧子さんとの出会いは10年前に遡る。中学生になり、自転車通学の身となった私に母が買ってくれた生まれて初めてのフラットバーの自転車…(あ、フラットバーってのは、ハンドルがまがってなくて真っ直ぐってことね、ママチャリって大抵まがってるじゃん、それがカッコ悪いと思ってたんだよね)。お姉ちゃんのお下がりじゃない、私のためだけの自転車…。身長148センチの私に、27インチのタイヤ…もちろん足なんてつくわけないし…。(てゆーか、中1の時点では、もっと身長低かったのでは?)それでもなんとか、停車するたびにサドルを降りる、というなんともめんどくさいことを習慣として体に染み付け、乗りこなして来たこの10年…。気付いたら10年…。カゴが普通のママチャリよりも大きくて、実は中学の時とか恥ずかしかったんだけど、でもやっぱり大きいカゴはなにかと便利だったこの10年…。地元神奈川は茅ヶ崎にある世界的自転車メーカー、宮田工業の会社説明会に行った時、「みなさんは、今乗っている自転車、何年間乗っているものですか?」と聞かれて、「ちょうど10年です」と答えたら、驚かれた、そんな10年と言う月日…(輸入物の、安っ〜い、質の悪い自転車がママチャリの主流となっている今、10年間同じ自転車に乗っているというのはすごいことなんだって。それだけで、その自転車は間違いなく国産だってわかるらしい。)。そんな10年という月日を一緒に過ごした旧子さん…さようなら…うまいこといろんな部品に解体されて、できるだけリサイクルされるんだぞぉぉぉ…(よよ落涙)。
というのは全然うそでw、新しい自転車がやってきても旧子さんには乗り続けます。だって、6万もする自転車、バイトの最中に盗まれたら…!!って考えたら、バイトには乗って行かれないし。泥除けついてない&スリックタイヤ(細〜いタイヤ)だから、雨の日には乗れないしね。

旧子あふたあ

 

 


あふたあ

 

サイクリングを始めて1週間後くらいかな?ご自慢の大きなカゴ(しかし空気抵抗も最強)と、チェーンカバーならぬベルトカバー(そう、旧子さんはチェーンではなくベルトなのです)をはずさせてもらいました。だって、重いんだもん。とりあえずちょっとでも軽くしたいなぁーと思って、素人なりに思いついた軽量化ポイントが、カゴとチェーンカバー。なかなか軽くなったよ、やっぱ。特に、カゴがついてる自転車に乗りなれてる人にとっては、カゴがないってだけで、なんだか爽快(と、思う)!

そんな、ちょっと軽くなって私のサイクリング生活を演出してくれた旧子さんだけど、それでも最近は、やっぱり「重いなぁ〜」って感じてた。スポーツバイクに乗ったことがあるわけでもないのに、「ママチャリの重さは13〜14kg、重いやつだと18kg
くらいある。それが、スポーツバイク、特にロードレーサーだと、10kg前後。坂道を上る時、それは実感としてわかる」なんていう知識だけはしっかり吸収してしまい、その日から、10kg切るロードレーサーで坂道をスイスイ登っちゃう自分を思い描いてたからね。

給料日も迫ってきて、もう欲しいスポーツバイクを選んで買うことができるってとこまで来てたからってのもあったし、なんかいよいよって感じで、そうなると、もう旧子さんでは物足りなくなってしまったのよね。たぶんそれが、ここんとこ私がサイクリングをさぼり気味になってた大きな理由のひとつではなかったかなーと思います。



明日から!いよいよ私のサイクリストライフが始まります!!(>▽<)ヘルメットも買ったし、グローブも買った。NEW自転車には、サイクルコンピュータ(メーター)まで付けてしまった…!!ワクワクで、ドキドキで、もっともっと速く、もっともっと遠くまで走れるようになろう…!!って考えてる。
けど、ね、
それよりも大事なことは、このワクワクを忘れないこと、このドキドキを周りの人たちに伝えていくことだって思ってる。自転車なんかただの交通手段でしかないと思ってた私が、こんなに自転車で走るってことにこだわるようになって、頑張ってバイトして自分で稼いだお金で、自分で選んだ自転車を買った。
でもこれは、全然特別なことなんかじゃないし、誰にでもできること、誰にでも楽しめること。定年退職した団塊の世代の、老後のエネルギーの行き先、趣味やライフワークの最有力候補として、自転車は挙げられている。

旧子さんの「ふる」を「古い」じゃなく、敢えて「旧い」にしたのは、この字のほうがなんだか伝統的な、日本的な、少し奥ゆかしい、軽い言葉で言えば「オシャレな」ふるさを感じさせる雰囲気があったからってのもあったけど、「旧い」には「時代遅れの」っていう意味合いがあったからってのもある。旧体制。
ママチャリは確かに便利だけど、自転車に乗る本当の歓びを味わうには、かなり物足りないシロモノなのだ。重い。あんましカッコよくない。
ママチャリ全廃!なんていうつもりは毛頭ないけど、現代日本人の中の「自転車=ママチャリ」「一般人が乗る自転車と言えばママチャリ」という図式が解けていけば、きっと日本にも、オランダや、ドイツや、北欧の国々のように、自転車中心の街がいくつも現れるようになると思うんだ(それは、東京のような大都会でだって可能だ)。そんな街が日本中に、世界中に増えていったら、街にはきっと今より笑顔が増えると思う。そして、二酸化炭素は確実に減る…。

そんな思いも籠められた、旧子さんなのでした。



これからもしばらくお世話になります!!



 

このページのトップヘ