Nachico's logbook

쓰고 싶을 때에, 쓰고 싶은 말으로, 쓰고 싶은 것을, 쓰고 싶은 만큼.

2009年09月

4か月ほど隠していたのだけど、
いろんなメッセージがやってきて、時が満ちて、
家族に話した。

「彼氏ができた」って。

心配してたようなことは何も言われなくて、
(ま、心の中ではいろいろ思ってるかもしれないけど)
意外と普通というか…なんてことない反応だったな。
むしろ喜んでくれたような気もする。うん、きっとそう。
杞憂だったかも。

気持ちがひとつ軽くなった。



3月に会社を辞めるつもりだってことを、
最初からそのつもりで入社したんだってことを、
上司に話した。

早くても3か月前くらいに言えばいいかなと思ってたけど、
なんか言わないでいたらもうこのまま今すぐ辞めてしまいそうに思えて…って、意味わかんないかもしれないけど、心境としてはホントそういう感じだった。
疲れすぎて。

だからね、言ってしまって良かったと思うし、
これもタイミングだったんだろうなーと思った。

また、気持ちがひとつ軽くなった。



本当の自分と、大袈裟に言えば偽ってる自分と、
そのギャップがどんどんどんどん広がっていって、
うまく息ができなくなってって、
すっごいすっごい苦しいのに、
見た目は全然いつもの私で、変わりなくて、
だから「ちゃんとしなきゃ」って思って、
もっともっと苦しくなってた。

ふはーーー。

急に回復なんてしないけど、
急上昇するのもつらいしさ、
ちょっとずつ、上がったり、ちょっぴり下がったりしながら、
気づいたら全体的にはちょっとずつ上がってるといいな。

このブログは、うちの会社の人が読む前提では書いてない。

mixiでつながってる同期は別としてね。

でもまぁただ、何かのきっかけで会社の人がこのブログを見つけて読んだとして、

プロフィールやら内容やら何やらから私に違いないと気づいたとして、

それはそれで構わないや、とは思って書いている。


私が一番嫌だと思うのは、このブログをたまたま読んだ会社の人が、

にやにやしながら「ブログ、読みましたよ〜」と私に直接報告してきたり、

私の知らないところで「これ、絶対Tさん(私の名字ね)のブログだよ〜。読んでみ〜」とか言って

面白半分で他の人に広めたりとか、そういうこと。

いるのよねー実際、そういうことしそうな人がさ。


ある程度真剣にこのブログを読んでくれたのなら、

私がそういう風に面白がってもらいたくてここで文章を書いてるわけじゃないことは

すぐにわかってもらえると思う。

そしたら、「大人げのある人」ならば、きっとそういうことはしないだろう。

そういう前提で、私はプロフィールも、文章の内容も、

私を知る人には私だと特定できることを書いている。

私には報せないままに「Tさんはこんなことを考えているんだなぁ」と読んでもらってもいいし、

ある日こっそりと「実は、ブログ読んでるんですよ」と感想を語ってくれるのもいい。

それこそが、大人の対応・気遣いってもんでしょう。

そんなことを、期待しています。

もしこっそり読んでくれているのなら。


なんで急にこんなこと書く気になったかと言えば、

実際に言われたのだよね、先輩に。「実は読んでるよ」って。

その先輩は、私の同期からこのブログの存在を教わったらしい。

でも私はその同期(マイミクでない)にブログのことを話したのも忘れてたのでちょっとびっくりして、

でもその先輩の口調はちゃんと「大人げのある人」の口調だったので、

意外な読者の発見に嬉しくもなったのでした。

そして、もしかしたらまだ他にもいるかもしれない意外な読者に、

メッセージを送ってみたくなったんでした。

虹


















底の方を、ずっとずっともやもやしたものが流れていても、

心から幸せだと感じられる時はあって、その時間は嘘じゃない。


本当の心地よさを知っているからこそ、

自分を大切にしてない時の魂の叫びが苦しいのかな。



彼岸花





















それが無意識とか考え方の癖であっても、

いい人でいようすると、

周りの人すべてから好かれようと思うと、

常に完璧にうまくこなそうと頑張ると、

どうしたって無理が出てくるよ。疲れちゃうよ。

理想の自分と現実の自分が、どんどん離れてく。

だから、もう、やめるー。

ずっとずっと、無意識にやってきてたから、なかなかすぐには難しいけどね。

でも、新しい自分に会いに行くんだ。日常に。

楽しいかもしれない。



昨日よりもっと自分を好きになる (青春文庫)






昨日よりもっと自分を好きになる (青春文庫)
著者:森川 那智子
販売元:青春出版社


晴れ渡った空に、ところどころ雲が浮かんでる時に、

雲が多少あっても晴れてることには変わりないのに、

「あぁ、雲が…あの雲さえなければ…」って思うのは、もったいないやね。


「ちゃんとやらないと気持ち悪い」っていう完璧主義は、

会社やら社会やらでは重宝されるのかもしれないけど、

人生は白か黒かはっきりさせられるものばかりじゃないから、

むしろはっきりなんかさせられないものばかりだし、

だからこそ面白ろいんだろうから、

もやもやしてるのは雲が浮かんでるのと同じ、って考えて。


「“きちんとしたい、ちゃんとしたい、すっきりしたい”という欲求はすごくあるかもしれないけれど、『モヤモヤ』にとどまってみるのです。」

切ない、嬉しい、楽しい。
モヤモヤは消えないけど、笑ったりしながら生きてる。

久しぶりにお酒をいっぱい飲んだ。
体が冷えるから…陰性だから…と思って控えめにしてたんだけど。
今月いっぱいで辞める同期と、同じくらいの期間一緒のプロジェクトで仕事をしてきたひとつ年上のかわいい先輩(出身高校も同じ!)と、3人で飲みに行って。
確か前もこの3人で飲んだことあったなー。
既に懐かしい。

いっぱいしゃべって、いっぱい笑った。
ぶっちゃけっぽい話もいろいろ。
同期の彼は冴えないとこもいっぱいあるんだが(笑)、ちゃんと向き合って人間的に付き合ったら、さりげなく面白くて、しみじみこいつと同期でよかったなって思えるところもいっぱいあって、やっぱり彼が自分自身で決めた新しい道を進んでいくことはフツーにめでたいと思った。

帰り道、酔った勢いで、大好きなひとに電話をしてみた。けど、
電波ないか電源入ってないって言われた…むむむー。残念。
私はあんまり電話は好きじゃなくて、普段は全然しないんだけどね。
ちょっと声が聞きたくなって…。ほんとに酔った勢いだ。
でもま、コール音がしてたところで、もう寝てる可能性のが高そうだったんだけど。

意識はちゃんとあるけど、ふらふらしながら、眠いなーって思いながら、
十四夜の月を見上げて歩いた。
たまには酔うのも、やっぱり悪くない。


とりあえず今日も、何か書いておこうと思いました。


しんどいのは本当なのに、しんどそうにしてる姿を人に見られると「本当にそんなにしんどいの?怠けたいがためのポーズなんじゃないの?」って思われてるんじゃないかって思ってしまって、無理して平気なふりをしてしまう自分に気付いた。こう文章にしてみると、けっこう被害妄想っぽい感じだけど、実際は相手の視線とか口ぶりとかも含めてそう思われそう…って感じてて。でももしかしたらホントに被害妄想かもだけど。

本当に限界がきて急に休んだりする方が迷惑かかるんだろうけど、でも「有休取りたいです」の一言が言えない…。「こんな忙しい時に!?」って思われるのが怖いってのもあるし、正直に「もう本当に疲れて…」って話せたとしても、「そんなのみんな同じだよ」って思われるんじゃないかとか、「めんどくさい子だな…」って思われるんじゃないかとか、そんなんばっか先に考えてしまって、頭ん中でぐるぐるしてる…。別に思われたっていいじゃんね!って、思えない、今は。

私って、こんなんだったっけ?

「こんな忙しい時に!?」っていうのもさ、もう何ヶ月も何ヶ月も、「ここさえ抜ければ…!」って感じで、もうちょっと頑張れば、もうちょっとだから…ってやって、でもひとつ終わるとまだ終わってないところの手伝いに回されて、結局みんなでそんな感じにやってるもんだからいつまで経ってもその「もうちょっと」「ここさえ抜ければ」が終わらないでズルズル続いてる感じなんだよね…。もう疲れたよ…。辞めるまでずっとこんなんだったらどうしよう…。

より早く、より多く、が「常識」の世界だからさ、予定してたよりも早い時間でスケジュールが消化できたら、その余った分はもちろん遊べるわけでも休めるわけでもなく、じゃあ前倒しでどんどんやろうか、その方が「得だから」、って誰も何も疑問に思わずにそうですねそうしましょうってなって、作業は進んでいって、そしたらなんか気付いたらいつもスケジュールきつきつだよねー、なんて、あたりまえじゃんね。
『モモ』の世界そのものだ。効率化して、後で余裕ができるように、その方が「得だから」って言ってどんどん遊んだり休んだりすることを後回しにして、気付いたらそれがあたりまえになって、そうするともう周りの雰囲気的に「頑張って早めにできたんで、ここからはゆったりしましょう」とかが言えなくなってって…。
「得」した代わりに、なんかもっと大きくてほっとする楽しいあったかいもんを、失ってるんだよね、その瞬間に。


ゆったり本が読みたい。

料理がしたい。

もっと笑いたい。

好きな人と過ごしたい。

時計を気にせずに。


時間はつくるものだなんて言うけど、

つくってできた時間じゃない時間に、

そういうことがしたい。

このページのトップヘ