Nachico's logbook

쓰고 싶을 때에, 쓰고 싶은 말으로, 쓰고 싶은 것을, 쓰고 싶은 만큼.

2009年12月

影

金曜日の朝、家を出てバス停まで歩いてる時、
なんだか自分の影がとってもいい感じだった。

髪の毛が風になびいてふわっとして。





今週の私は、本当によく頑張った!
これ以上頑張れないってくらいに頑張ったと思う。
自分で自分をほめてあげよう

仕事関係のお付き合い(お食事と忘年会)も含めて、
毎日残業で、家に帰るのは21時半とか22時で。
仕事の内容的にも時間に追われて常にプレッシャーが
かかってて(アプリのテストの追い込み・・・)。
先週末は洗濯・掃除ができなかったから、
さらに洗濯物と部屋のホコリが溜まっていき・・・

でも、一番頑張ったのは、そんな毎日を淡々とこなすこと。
できたら楽しむこと。
これだった。

今までにもこういう時はあったし、今回よりもひどい時も
たくさんあったけど、今週自分をほめてあげたいのは、
腐らずにやりきった感があったから。

精一杯やっても結果が伴わなくて、仕事が遅れ気味になる時も
けっこうあって、そんな時に上司にため息とかつかれると、
今までだったら、すっごく責められてるような気になって、
焦って冷静な判断ができなくなったりしてさらに遅れる・・・
そして自分の状況がたまらなく理不尽に思えてきて腐る・・・
みたいなパターンが多かったんだけど、
「できることを精一杯やって、それでもできなかったらしょーがない。
だって、できることしかできないもん。
責められてるように感じるのも、きっと自分が思い込んでるだけ」
と考えるようにしてみたら、けっこううまくいった。

最近読んだこの本の影響もあったかもなー。
↓↓↓
変えれば、変わる『変えれば、変わる』
著者:ニール・ドナルド・ウォルシュ
販売元:サンマーク出版
発売日:2009-12-02







それから、今までほとんど深い話なんてしたことなかった先輩と
ゆっくりじっくり話す機会があったことも大きかったと思う。
水曜日の定時後に約束をして1時間くらいしゃべって、
私は仕事に戻ったんだけど、そのおしゃべりができたことで
テンションが上がって(大げさに言えば、感動して)、
その後の仕事に対するやる気が全然違った・・・!!
やっぱり、状況や環境が気分をつくるわけじゃなくて、
それをどう捉えるかっていう、自分の問題なんだなぁと改めて実感。

あと、一緒にアプリのテストをしている後輩の存在も。
今回のアプリは、私が大幅に修正をかけたものだから、
テストを進める上で、その後輩が私にどんどん質問をしてきて、
私は私で自分の分のテストを進めつつ、彼女の質問にも対応しなきゃいけない。
だから、「自分のことだけでいっぱいいっぱいになってちゃダメだー」って
状況だったのが、逆によかったのかもしれないね。


昨日と今日で、溜まった洗濯物を一気に洗って、部屋も掃除した。
久しぶりに干した布団を丁寧にベットメイキングして、ゆたんぽを入れて。
ゴロゴロしながら読書。太陽の匂い〜。はー幸せだね。
今日は『のだめカンタービレ』を最初から読み返し(笑)。
あれもこれもしようと思ってたけど、結局できることって限られてるんだよね。
でも、それでもいっかーと思えて。


今年もあと11日だし、
30日に有休がとれたから、会社に行くのもあと6日だ。
カウントダウンしながらこなせば、大したことない。

引き続き、(できるだけ)ポレポレでいきましょー。

・・・って、なんだっけ???


なんか15年ぶりくらいにこの単語を口にした、今!!
急に出てきた!!

でもね、その昔、ピアノを習ってた頃、
好きだったもののような気がするよ、
シンコペーション・・・!!!

たしか・・・ターンタ、ターンタ、ターンタ、ターンタ・・・っていう感じの
リズムのパターンのことだった気がする。
合ってる?(誰か!音楽に詳しいひと!)


でも、よく考えたら15年前と違って今はインターネットというものがあるんだから、「シンコペーション」くらい、知ってる人に聞かなくたって調べりゃいいんじゃん・・・!?とか思い(てか、聞いてるこの場所自体がすでにインターネット)、さっそくググってみる。
お約束で、検索結果1番上の
Wikipedia
に跳ぶ。

やっぱ調べものはWikiよね〜、どれどれ〜、
「シンコペーション(syncopation、切分法)とは、西洋音楽において、ひとつの音がより劣位の拍からより優位の拍に鳴り続けることによって生じるリズムのことである。
たとえば、ある小節の弱拍から、小節線と、次の小節の最初に置かれる強拍までタイによりひとつの音としてつながっていれば、それはシンコペーションのリズムである。このとき、後の小節の最初の強拍が、つながった音のはじめまでさかのぼって移動すると考えられることがある。


・・・・・・。

わかるか〜いっっ
!!! ヽ(`Д´;)ノ

そりゃそうだよねー。リズムだかメロディーだか知らんけど、
音のことを知りたいのに文章で書かれても・・・(^_^;)
知ってる人にはわかるんだろうけど、知らない人にはわからんわい!


しかし、21世紀には、Youtubeなるものもあるのです。
音のことが検索できるんです!(☆▽☆)

と、いうことで、Youtubeで「シンコペーション」を検索。
このあたり
かなぁ。

syncopation exercise  @Youtube
http://www.youtube.com/watch?v=_rrMGDXgoGo&feature=related


ターンタタン、ウン、ターンタタン、ウン・・・って感じかしら?


昨日の記事に書いた、
YUKIちゃんの『COSMIC BOX』も、ところどころシンコペーション?
だとしたら、聴いた途端に「これ好き・・・!」って感じたのはそのせいかも!!

よくわかんないから、違うかもしれないけど・・・
誰かわかるひと、教えて!!!

COSMIC BOX / YUKI
  @Youtube
http://www.youtube.com/watch?v=Vh-3tqtOxdU



COSMIC BOX / YUKI
http://www.youtube.com/watch?v=Vh-3tqtOxdU



今日もYUKIちゃんの曲を埋め込みっ。

気づいたのだけど、ケータイから読んでくれてる人は、
Youtubeの画像は見られないんだよね?
ごめんね。
でも私が知らないだけで、見られる人もいるかもなので、
いちお元のURLも貼っといた。
飛べる人は飛んでください!
Fly high
!(いや、Jumpか)


ここ一週間くらい、自分の中でこの曲が爆発的にヒットなんですよー。
こないだの記事にYUKIちゃんの動画を上げた時にYoutube検索してて
たまたま見つけた新曲なんだけどね、聴いた途端に気に入ってしまった・・・!
歌詞はところどころわけわかめだし(シャベルをコックピットに!?)、
共感・・・!っていうような内容でもないのに、なぜか脳内ヘビーローテーション。
メロディー・・・かなぁ。あとは、ジャズっぽい響きのピアノの音がかっこいい。
そしてもちろんYUKIちゃんの力強い声。


遥か遠い昔から 意味のある偶然を伝えているんだ
体の中から 響くのは 懐かしい子守歌

好きな歌詞↑


朝起きて、歌いながら着替えて、仕度して、
バス停に向かって歩きながらまた歌って、
歌詞が思い出せないところはごまかして歌って、
仕事しながらも頭の中でずーっと流れていて、
帰りもバスを降りてから歩きながらまた歌って・・・
飽きもせず。
そして、家に着いたらすぐさまYoutubeにアクセスし、
そっからは本物をヘビーローテです。
病気か。


この曲と、直接は全く関係ない話だけどね、
私、いつの頃からか、疲れたり、精神的に不安定になったりすると、
「かえりたい」
っていう言葉が頭に浮かぶようになっていて、
それは職場とか出先から「家に帰りたい」って意味じゃないの。
だって、家にいても感じるんだもん。
「かえりたい」
って。
いつか意味がわかる時が来るのかどうかもわかんないけど、
どうやら私はどこかへかえりたい人らしいのです。

だから、この曲の「還ろう」の部分を聴くと、
その「かえりたい」っていう自分の中の言葉にやけに響いて、
なんだか気持ちいいんだ。


PVもいいよー。双子のYUKIちゃんがかわいい。
お暇な時にどうぞ。
画像荒いけど。そのうち削除されちゃうかもだけど。

COSMIC BOX / YUKI
http://www.youtube.com/watch?v=MkULZLxH6C8



遥か遠い昔から 伝わる言葉も全部無意味だとしても
誰かが紡いだ 愛と未来の歌をうたおう

このページのトップヘ