Nachico's logbook

쓰고 싶을 때에, 쓰고 싶은 말으로, 쓰고 싶은 것을, 쓰고 싶은 만큼.

2010年06月

1f5963e8.jpg
275dd683.jpg
ca37001a.jpg
b4bd573c.jpg
ce40cff2.jpg
那覇の北西 約60km
面積 7.62平方km
周囲 12km

フェリーからの眺め。

島の、集落らへん。

島で一番見晴らしのいい岬へ。
万座毛を思い出した。
あと、オロンゴ岬も。
この岬は「マハナ」という名前さぁ、じゅんちゃん

ちょうどブーゲンの咲いてる季節だよー、おざこ。

空の一部分だけ、信じらんないくらいにピンクになった不思議な夕暮れ。


今日はいい具合に雲が出てたから、日焼け止め1回だけ塗って、帽子かぶらず、自転車で島内をぐるぐる。
ちょうどよくこんがり焼けた感じ。

夕飯17時半に食べた。
もう寝てもいいかも。

駒野選手を
責める人もいる
同情する人もいる
慰める人もいれば
労う人もいる

いろんな人がいるこの世界で
彼はgreat experienceを手に入れたな、と思った
(英語なのは、一緒に観戦してたEnglish speakerの影響?)
今はそうは思えなくても

あの経験は、なかなかできないぜ
当たりだよ、当たり

いつの間にかそんな視点を持つことができている自分が
嬉しかった

870ef51a.jpg
fb3f4a26.jpg
72c26c56.jpg
9dad07e6.jpg

アセロラの果実を初めて食べた。
甘酸っぱくて美味しい。
食感は、リンゴとトマトの中間くらいか…。
微かにビワのような匂い…?
若干渋い(完熟でないから?)。
ちっこいので、すぐに食べ終わってしまう。
でも、量食べるようなものでもない気もするので、5粒で満足。


自転車を止めてアーケードや市場を歩き回ったら疲れちゃった。
太陽の下を自転車こいだのもあるかな。
ちょっと休憩。
ゴーヤーアップルジュースとどぅる天(田芋(ターム)の揚げ物)。
どぅる天には芋がら(あーウチナーグチで何て言うか忘れた)が入ってた。
美味い!


出発前におざこがオススメしてくれたTシャツの(?)お店「琉球ぴらす」。
行く予定はなかったんだけど(お金に余裕ないし、こんなに街に出るつもりもなかったから)、チャリこいでたらたまたま見つけた。
こういう偶然は好きだぞ。
今日と明日は改修工事だそうなので、粟国から帰ってきてヒマだったら改めて行ってみよう。


夕飯は、お持ち帰りのタコライスと島バナナ(写真手前の2本は、双子バナナ!)。
そして、さんぴん茶。
沖縄来てからはお肉食べてます。
積極的に…って感じではないけど、せっかくだからって感じと、残さず感謝して食べたいからって感じかな。
とりあえず今のところ、空港で食べたモズクそばの三枚肉と、タコライスの牛ミンチだけだけど。
食事を全部自分で選ぶなら、沖縄でもお肉食べないことも可能だけど、今回は離島の宿に泊まるということもあって、宿のごはんでお肉料理が出てくるであろうことは必至。
だったら、最初っから縛りをなくして、全部感謝して美味しくいただくことにしました。
たぶん、普段食生活とか食材に気を付けてる分、たまに食べるくらいなら何も問題ない気がする。
感謝して、って思ったら、ちゃんと美味しいし。
食べ過ぎには注意だけど。
体の様子も見つつ、美味しいものいっぱい食べようと思います。
島バナナは爽やかで美味しかった!


パラグアイ戦は、ゲストハウスのリビングで、他の滞在者のみなさんと観戦です♪

02016076.jpg
特にしたいことも思いつかず
昼寝でもしようかと思ったけど
ゲストハウスのドミトリーが暑すぎた(昼間のドミはクーラー禁止だった)ので
宿のレンタサイクルで街をプラプラ

とりあえず国際通りを歩いて
那覇に来たんだなーと確認

f6669be6.jpg
行ってきます。

よしもとばななの『なんくるなく、ない』を出発前に読み終えることができた。

あまりにも「日記」で、読みながら「いいのか!?これでいいのか!?よしもとばななが書いてるから世にニーズがあるんだろうけど、これ本当にただの日記だよー」と思いながら読んだけど、あとがきを読んだら、本人もそれは百も承知で(そりゃそうか)、大切な人たちとの、大切な時間を書き留めておきたいがために、こういう文章になったことがわかった。

納得。
そして、「やっぱりそれでいいんだな」と思った。


今回の旅は毎日日記を書こう。

このページのトップヘ