Nachico's logbook

쓰고 싶을 때에, 쓰고 싶은 말으로, 쓰고 싶은 것을, 쓰고 싶은 만큼.

2016年04月

ブログをしばらく書いていなかったことで、
「ブログを書く筋力」みたいのが落ちてるなーと感じる。

あ、書こ!と思ってから、書くまでの瞬発力とか、書き始めてから、「よし、これでアップしよう」という状態にもっていくまでの持久力とか、けっこう体力に例えられるなーって思う。


ただ、これは、「しまった!衰えてる!書き続けておけばよかった!」っていう話じゃなくて、書かなくなったことで、逆に何かを手に入れたりとかもしてたと思うので、いい悪いの問題じゃないんだけどね。

例えば、今までは、「30分で書こうと思って書き始めたら3時間かかってしまい、睡眠時間が減った」みたいなこともあったけど、書いてなければそれはないし、

「書きたい!けど、なんか実際に書く行動に移す気になれない! 」っていうのはかなり気持ち悪い状態なんだけど、そういう自分を責めずに、書きたいのに書こうとしない自分も認めることで、「書きたい」内圧が高まって、その高まったエネルギーが小説を書く方向に向いたのかなとかも思うし。

またちょっとずつ書いて、ブログ筋鍛えていきます(というか、書きたい時に書いてたら勝手に鍛えられるしょー)。

やりたいと思ってるのに、ずっとやってないことを。やろう。


・・・ということで、このブログの一番人気記事、 の続編を書こうと思います!!


一体いつから書きたいと思ってたのかも思い出せないくらいずっと書きたかった!
のに、なぜか書かずに先送りしまくっていた!!
ごめん、書きたがってた私!! 

書くなら「ちゃんと」書かなきゃ・・・って気持ちも手伝って先延ばしにしてた気もするので、もう「ちゃんと」とか考えずに、とりあえず思いついたことだけ書いとくわ。
書き忘れたこととか、書き足したいことあったら、Part3でもPart4でも書けばいいんだし!


こないだも少し書きましたが、
このブログで一番読まれている記事が、これ。
「生理の血を全部トイレで出す。」http://nachico.blog.jp/archives/51546364.html

アクセス解析のキーワードは上位が全部・・・
「経血 出し切る」
「生理 一気に出す」
「生理 出し切る」
「トイレ 経血 出す いきむ」
「生理の血 トイレ」
 こんな感じで占められておりまして
昔書いた記事が、今もちょっとは誰かの役に立ってるようで、けっこう嬉しい。

てか、月経血コントロールに興味持って検索してる人が毎日こんなにいるのも嬉しい。

実際、今読んでもらっても、情報としては古びてないので、
興味あるけど、まだ読んでないっていう人は、ぜひリンクから跳んで読んでみてね。

今日は、完全に補足的なことだけ書きます。



さて、元記事書いてから約7年経ってますが、
その7年間、ずっと変わらず月経血コントロールはできてます。

3.11で余震と放射能におびえて一人暮らししてた時もできてましたし、
地球一周の船に乗ってた時もできてました。

ちなみにずっと布ナプなのも変わってません。
そろそろ布ナプ歴も10年近くなるってことかー(おー感慨深い)。

7年前と比べて、レベルアップしたのは、

・1回分を出し切るのに、10〜20分と書いてましたが、
 これはずいぶん出すのが上手くなって、5分くらいで出せるようになりました。

・しかも、真っ赤な経血から出始めて、だんだん透明になっていって、
 最後はほぼ透明の粘液みたいになって、1回分が「プツっ」と綺麗に出切る。
 すっきりー! 

・一番多い日でも、少しくらい漏らしても、三つ折のハンドタオル型の布ナプで一日もつ。
 一番多い日でも、朝、布ナプの替えを持ち忘れて出かけても全然あせらない、というのがかなり気分いいです!

・「あ、出る・・・!」と思ってから(つまり、血が降りてきた感触を膣付近で感じてから)膣口をきゅっと締めて、それからトイレに急いでも、割と間に合う!笑
 間に合うと(つまり布ナプに血がつかなかったら)、「よっしゃ!!」って思います。笑

・完璧に布ナプに月経血つかないってとこまでは・・・いってないねぇ。
 当初は目指してたけど、今は別にそこまでこだわんなくてもいいかなって感じです。
 夜も割とついちゃいます。でも不思議と後ろ漏れはしない。

・生理痛はほとんどないけど、お腹が重いかな〜とか、腰がだるいかな〜は、ある。
 月経血コントロールがどうとかじゃなくて、冷えてたり、精神的に落ち込んでたりすると、ちょっと痛いかもーという時はありますが、薬を飲むほど痛いってことはもうなくなった。

・あと、2013年の秋くらいから割りと「冷えとり」を生活に取り入れるようにし始めたんだけど(主に絹&綿靴下4枚履きと半身浴)、きちんと「冷えとり」してる時の方が、スルスル出せるような感じがします。


こんな感じかな。
書いてみると、2009年の元記事の時点でもうかなりのレベルに達してたのでは!?と思えますねぇ。

思ってたより補足することもなかった・・・。笑


この記事がまた誰かの役に立つといいな!
 

「青空」が聴きたくて借りてきたSalyuのCDに入っていた
「悲しみを越えていく色」が、頭の中でヘビーローテーション。


――その夕日の色 悲しみを越えていく色 

ってとこは、52回クルーズの最後の寄港地・ラバウル出港の時の夕日を思い出させる。

天国からのメッセージの、夕焼け。


――その夕日の色 言葉にはできない色 

ってとこは、78回クルーズのラパヌイ出港の時の夕日を思い出させる。

今まで見た中で一番綺麗だった夕焼け。



ほんのちょっとずつだけど、元気になろう。


 

このページのトップヘ